[RE100加盟企業に聞く!]

大和ハウスグループの環境負荷(CO2)ゼロへの挑戦

─ 船橋市で日本初の「再エネ100%のまちづくり」を開始 ─
2019/11/01
(金)
インプレスSmartGridニューズレター編集部

現在、売上高約4兆円の大和ハウスグループは、3つの国際的イニシアティブ「SBT」「EP100」「RE100」に参画し、グループとして環境負荷“ゼロ”(CO2ゼロ)の実現に挑戦しながら、創業100周年にあたる2055年に売上高10兆円を目指してビジネスを展開している。
ここでは、大和ハウスグループの環境・エネルギーへの取り組みや、「SBT」「EP100」「RE100」への加盟理由、さらに、千葉県船橋市の日本初の「再エネ100%のまちづくり」に至るまで、大和ハウス工業株式会社 次世代イノベーション部門 環境部 環境マネジメントグループ グループ長 山本 亮(やまもと りょう)氏と、同環境部 環境経営推進グループ 主任技術者 園田 峯三(そのだ ほうぞう)氏のお二人にお聞きした(表1参照)。

関連記事
新刊情報
本書は、ブロックチェーン技術の電力・エネルギー分野での応用に焦点を当て、その基本的な概念から、世界と日本の応用事例(実証も含む)、法規制や標準化、ビジネスモデルまで、他書では解説されていないアプリケー...
5Gの技術からビジネスまですべてがわかる 5Gは社会や産業に何をもたらすのか? といったビジネス関連のトピックから、その変革はどのようなテクノロジーに支えられているのか?といった技術的な内容まで、わ...
本書は、特に産業用の5G/IoTの利用について焦点を当て、MWC19 Barcelona での産業用IoTに関する最新動向や、国内外の最新動向の取材をもとに、5Gの市場動向やビジネスモデルをまとめた解...