[特集]

【創刊7周年記念】 第36回 太陽光発電シンポジウムレポート 2050年に300GWの太陽光発電の導入へ

― 再エネ自立化とCO2の80%削減を目指した新ロードマップ ―
2019/12/12
(木)
インプレスSmartGridニューズレター編集部

一般社団法人 太陽光発電協会(JPEA)(注1)は、2019年11月6〜7日の2日間にわたって「第36回太陽光発電シンポジウム」(於:東京・大崎ブライトコアホール)を開催し、再生可能エネルギー(以下、再エネ)の主力電源化に向けた新しいロードマップを発表した。
同シンポジウムでは、2050年における太陽光発電の予測導入量を従来の200GW(注2)から、300GW(交流ベース。後述)へと大幅にアップさせ、これによって2050年の太陽光発電は、日本の電源全体の30%を賄うことになるとあって、再エネの主力電源化に向けたダイナミックな取り組みが発表された。
ここでは、JPEA ビジョン部会長 杉本 完藏(すぎもと かんぞう)氏による基本講演「JPEAビジョン PVOUTLOOK2050〜太陽光発電の主力電源化への道筋〜」をベースに編集部がまとめ、シンポジウムの内容をレポートする。

関連記事
新刊情報
5Gの技術からビジネスまですべてがわかる 5Gは社会や産業に何をもたらすのか? といったビジネス関連のトピックから、その変革はどのようなテクノロジーに支えられているのか?といった技術的な内容まで、わ...
本書は、特に産業用の5G/IoTの利用について焦点を当て、MWC19 Barcelona での産業用IoTに関する最新動向や、国内外の最新動向の取材をもとに、5Gの市場動向やビジネスモデルをまとめた解...
5Gの技術・市場トレンド、ビジネスモデルをまとめた一冊! いよいよ5G時代の到来です。米国ベライゾン、韓国SK Telecom、LGU+、KTの3社、さらに米国AT&Tはすでに5G商用サ...