[ニュース]

東京電力と東京ガス、電力スマートメーターシステムを活用したガス検針業務の自動化に関する共同実証試験を開始

2015/12/21
(月)
SmartGridニューズレター編集部

2015年12月21日、東京電力株式会社(以下:東京電力、東京都千代田区、代表執行役社長:廣瀬 直己)と東京ガス株式会社(以下:東京ガス、東京都港区、代表取締役社長:広瀬 道明)は、2016年1月より、東京電力のスマートメーターおよびスマートメーターシステムを活用した「東京ガスの検針業務の自動化に関する共同実証試験」を開始することを発表した。

同実証試験は、東京都小平市の約500戸の住宅において、東京電力がすでに同社の顧客宅に設置しているスマートメーターと、東京ガスが新たに設置した試験用のガスメーターを無線通信で接続したうえで、東京電力のスマートメーターシステムを活用し、東京ガスが試験用ガスメーターの検針データを取得する通信試験を実施するものとなる(図参照)。
 図 共同実証試験のイメージ※1

実証では、東京ガスが通信成功率や通信所要時間などの確認を行うことで、検針業務の自動化に必要な装置やシステム全体の性能・有効性を検証し、東京電力はスマートメーターおよびスマートメーターシステムを活用した新たな事業展開に向けて、技術・運用面での課題抽出を行う。

共同実証試験の概要

  1. 目的
    東京電力のスマートメーター※1およびスマートメーターシステムを活用したガス検針業務の自動化の可能性について、技術的な検証を行う。
     
  2. 対象地域・規模
    東京都小平市内の約500戸(戸建住宅:約450戸、集合住宅:1棟 約50戸)
     
  3. 期間
    2016年1月から8月までの8カ月間

※1 図中Uバスエア:都市ガス業界、LPガス業界、水道メーター業界が参加する「NPO法人テレメータリング推進協議会」において標準化されている無線用の通信規格であり、スマートメーター用無線国際標準規格IEEE802.15.4gに準拠している。

※2 東京電力は、2020年度までにすべての顧客へのスマートメーターの設置(約2,700万台)を予定。2015年12月15日時点で、約370万台を設置済み。

■リンク
東京電力
東京ガス

 

TOPに戻る
最新ニュース一覧

関連記事
新刊情報
攻撃者視点によるハッキング体験! 本書は、IoT機器の開発者や品質保証の担当者が、攻撃者の視点に立ってセキュリティ検証を実践するための手法を、事例とともに詳細に解説したものです。実際のサンプル機器に...
本書は、ブロックチェーン技術の電力・エネルギー分野での応用に焦点を当て、その基本的な概念から、世界と日本の応用事例(実証も含む)、法規制や標準化、ビジネスモデルまで、他書では解説されていないアプリケー...
5Gの技術からビジネスまですべてがわかる 5Gは社会や産業に何をもたらすのか? といったビジネス関連のトピックから、その変革はどのようなテクノロジーに支えられているのか?といった技術的な内容まで、わ...