[ニュース]

ソーラーフロンティア、米国の太陽光発電所向けCIS薄膜太陽電池モジュールを供給

2015/09/02
(水)
SmartGridニューズレター編集部

2015年9月2日、ソーラーフロンティア株式会社(以下:ソーラーフロンティア、東京都港区、代表取締役社長:平野 敦彦)は、米国ノースカロライナ州ラーレイ近郊に建設予定の26MWの太陽光発電所に向けて、CIS薄膜太陽電池注1モジュールの供給を開始したことを発表した。

同プロジェクトは、カリフォルニア州を拠点とする企業が所有するもので、建設はVaughn Industries社が請け負う。Vaughn Industries社は、送配電、変電所プロジェクト、再生可能エネルギープロジェクトなどを含む電気工事に関する包括的なサービスを提供している企業である。
ソーラーフロンティアの品質と、CIS薄膜太陽電池の実際の設置環境下における高い発電性能が評価され、同プロジェクトでの採用にいたった。


▼注1
CIS薄膜太陽電池:銅、インジウム、ガリウム、錫など、4種類以上の元素からなる化合物を材料とした光吸収層を有する薄膜系太陽電池。日本が世界をリードしている太陽電池。

■リンク
ソーラーフロンティア

関連記事
新刊情報
5Gの技術・市場トレンド、ビジネスモデルをまとめた一冊! いよいよ5G時代の到来です。米国ベライゾン、韓国SK Telecom、LGU+、KTの3社、さらに米国AT&Tはすでに5G商用サ...
経営者/ビジネスリーダーは必読! 本書では、IoTセキュリティに関する最新の脅威トピックとして、第1章では社会インフラに関わる事例、第2章ではビジネスに影響する事例、そして第3章ではAI技術を利用し...
低遅延/超高速/大量接続を実現する5Gの全貌を解説! 2018年6月に仕様が確定した5Gの最新技術(第1フェーズ)と標準動向についてまとめた解説書です。本書『5G教科書』は、第一線で活躍されている著...