[ニュース]

東急パワーサプライとYCV、「電気サービス」販売で業務提携

2016/01/22
(金)
SmartGridニューズレター編集部

2016年1月22日、株式会社東急パワーサプライ(以下:東急パワーサプライ、東京都世田谷区、代表取締役社長:村井 健二)と横浜ケーブルビジョン株式会社(以下:YCV、神奈川県横浜市、代表取締役社長:上村 忠)は、2016年4月より開始される電力小売全面自由化にあわせ、東急パワーサプライが展開する電気サービスの販売代理契約締結に合意したことを発表した。
同提携に伴い、YCVは本年2月中旬より、YCVのサービスエリアにて電力サービスの受付を開始する。

東急パワーサプライは、電力サービスにおいてリーズナブルな料金設定、東急グループの各種商品・サービスとの連携などにより、顧客の快適でスマートな暮らしをサポートすることを目指している。
同提携により横浜駅以西の相鉄線沿線地区をサービス提供エリアとし、多くの顧客基盤を持つYCVと提携によって、電気サービスの顧客獲得に大いに寄与するものと考えている。

YCVは、相鉄線沿線の地域に根差した放送・通信インフラ事業者としてテレビ、インターネット、電話などを提供しており、約5万世帯(2015年12月末時点)の顧客に利用されている。東急パワーサプライの電気サービスをYCVの提供メニューに加えることで、新たな顧客の獲得や維持を図ることができると期待している。
 図 YCVのサービスエリア

同提携により、両社のノウハウ、商品力を結集することで、顧客にメリットのある電気サービスを提供していく。


■リンク
東急パワーサプライ
YCV

TOPに戻る
最新ニュース一覧

関連記事
新刊情報
 2015年頃より、IoT(InternetofThings)や人工知能(AI)が注目され始め、これらの技術を使って家電や自動車などあらゆるモノがネットワークにつながり、効率的な社会を創造することが期...
 いよいよ日本でも、IoT時代に必須のLPWA(Low Power wide Area、省電力型広域無線網)サービスがスタートします。  第4次産業革命に向けて、エネルギー、ヘルスケア、製造業、...
 NIST(米国国立標準技術研究所)が2009年11月に立ち上げた委員会「SGIP」(スマートグリッド相互運用性パネル)は、2013年にSGIP 2.0となり、新たな活動を展開している。  SG...