[ニュース]

中部電力、「Tポイント」と家庭向けWEBサービス「カテエネ」で業務提携

2016/06/01
(水)
SmartGridニューズレター編集部

2016年6月1日、株式会社Tポイント・ジャパン(以下:TPJ、東京都渋谷区、代表取締役社長兼COO:北村 和彦)と中部電力株式会社(以下:中部電力、名古屋市東区、代表取締役社長:勝野 哲)は、共通ポイントサービス「Tポイント」と中部電力の家庭向けWEBサービス「カテエネ」との連携に関する業務提携に合意したことを発表した。

同業務提携により、Tポイントを利用のカテエネ会員は、保有するTポイントをカテエネポイントに交換後、自動で中部電力の電気料金の支払いに利用できるようになる。Tポイントを電気料金への支払いに使えるサービスは、全国の電力会社で初めての取り組みとなる。
また、カテエネ会員は、保有するカテエネポイントをTポイントに交換できるようにもなり、従来のポイント交換用途である中部エリア内各地域での公共交通機関やショッピングモール、コンビニエンスストアなどで利用可能となるほか、Tポイントに交換後は、全国の多種多様なTポイント提携店舗でも利用できる。

ポイントサービスの概要

  • 交換レート:「カテエネポイント」1ポイント⇒「Tポイント」1ポイント
  • 交換単位:100ポイント以上、100ポイント単位
  • 交換上限:なし
  • 開始予定時期:2016年9月

今回の業務提携により、中部エリアをはじめ、首都圏で中部電力と電気の契約を締結している顧客はTポイントとカテエネポイントの相互連携が可能となり、中部エリアおよび首都圏で3,400万人を超えるT会員にポイントの利用用途が拡大することになる。


※ 電気料金支払いへの利用にあたっては、2016年4月以降の新料金メニューであるポイントプラン、おとくプラン、とくとくプラン、スマートライフプラン、暮らしサポートセット、カテエネプラン(東京電力エリア内の顧客が対象)など、および選択約款メニューであるEライフプラン、タイムプラン、ピークシフト電灯、低圧高利用契約へ加入済みユーザーが対象となる。

■リンク
TPJ
中部電力

TOPに戻る
最新ニュース一覧

関連記事
新刊情報
攻撃者視点によるハッキング体験! 本書は、IoT機器の開発者や品質保証の担当者が、攻撃者の視点に立ってセキュリティ検証を実践するための手法を、事例とともに詳細に解説したものです。実際のサンプル機器に...
本書は、ブロックチェーン技術の電力・エネルギー分野での応用に焦点を当て、その基本的な概念から、世界と日本の応用事例(実証も含む)、法規制や標準化、ビジネスモデルまで、他書では解説されていないアプリケー...
5Gの技術からビジネスまですべてがわかる 5Gは社会や産業に何をもたらすのか? といったビジネス関連のトピックから、その変革はどのようなテクノロジーに支えられているのか?といった技術的な内容まで、わ...