[トピックス]

「圧縮水素スタンドの技術基準」改正へ

2014/12/01
(月)

経済産業省は、2014年11月20日、燃料電池自動車および圧縮水素スタンドの本格的な普及に向けて、圧縮水素スタンドに、液化水素貯槽、付属冷凍設備および複合材料を使用した蓄圧器の設置に対応するため、高圧ガス保安法の省令(一般高圧ガス保安規則)等を改正した(表参照)。

これは、燃料電池自動車および圧縮水素スタンドの本格的な普及に向け、2013年6月14日に閣議決定された「規制改革実施計画」に基づき、圧縮水素スタンドに係る技術基準の改正等に対応したもの。この改正によって、今後、液化水素貯槽を使用した圧縮水素スタンドの整備の促進が期待できる。

関連記事
新刊情報
攻撃者視点によるハッキング体験! 本書は、IoT機器の開発者や品質保証の担当者が、攻撃者の視点に立ってセキュリティ検証を実践するための手法を、事例とともに詳細に解説したものです。実際のサンプル機器に...
本書は、ブロックチェーン技術の電力・エネルギー分野での応用に焦点を当て、その基本的な概念から、世界と日本の応用事例(実証も含む)、法規制や標準化、ビジネスモデルまで、他書では解説されていないアプリケー...
5Gの技術からビジネスまですべてがわかる 5Gは社会や産業に何をもたらすのか? といったビジネス関連のトピックから、その変革はどのようなテクノロジーに支えられているのか?といった技術的な内容まで、わ...