[ニュース]

湯沢地熱株式会社、出力4万2,000kWの山葵沢地熱発電所の建設に着工

2015/06/01
(月)

電源開発株式会社、三菱マテリアル株式会社および三菱ガス化学株式会社の共同出資により平成22年4月に設立した湯沢地熱(秋田県湯沢市)は、「山葵沢地熱発電所」の建設工事を2015年5月25日より開始した。

同発電所は、純国産の再生可能エネルギーである地熱資源を利用することにより、出力4万2,000kWの発電を行う。

今後は、平成31(2019)年5月の運転開始を目指し、工事を進めていく。

「山葵沢地熱発電所」の概要は以下のとおりとなっている。

表1 山葵沢地熱発電所の概要

名称

山葵沢地熱発電所

所在地

秋田県湯沢市高松字高松沢及び秋ノ宮字役内山国有林内

原動力の種類

汽力(地熱)

出力

4万2,000kW

運転開始時期

平成31(2019)年5月(予定)

図1 山葵沢地熱発電所所在地

〔出所 電源開発株式会社プレスリリースより〕


■リンク

電源開発株式会社

 

 

関連記事
新刊情報
攻撃者視点によるハッキング体験! 本書は、IoT機器の開発者や品質保証の担当者が、攻撃者の視点に立ってセキュリティ検証を実践するための手法を、事例とともに詳細に解説したものです。実際のサンプル機器に...
本書は、ブロックチェーン技術の電力・エネルギー分野での応用に焦点を当て、その基本的な概念から、世界と日本の応用事例(実証も含む)、法規制や標準化、ビジネスモデルまで、他書では解説されていないアプリケー...
5Gの技術からビジネスまですべてがわかる 5Gは社会や産業に何をもたらすのか? といったビジネス関連のトピックから、その変革はどのようなテクノロジーに支えられているのか?といった技術的な内容まで、わ...