[ニュース]

北海道電力と九州電力、北海道有珠郡壮瞥町における地熱資源調査に関する協定を締結

2016/05/10
(火)
SmartGridニューズレター編集部

2016年5月10日、北海道有珠郡壮瞥町(町長:佐藤 秀敏)、北海道電力株式会社(以下:北海道電力、札幌市中央区、代表取締役社長:真弓 明彦)および九州電力株式会社(以下:九州電力、福岡市中央区、代表取締役社長:瓜生 道明)は、壮瞥町が実施する地熱資源調査に関する協定を締結したことを発表した。

同件は、壮瞥町(黄渓(おうけい)地域)における地熱資源を調査し、適正な地熱開発規模を評価のうえ、その地熱資源を活用した発電事業化の検討を行うものであり、平成28年度から地下構造を推定するための地表調査を開始を予定する。

協定の概要

  • 壮瞥町は地熱資源の調査等を実施し、北海道電力株式会社および九州電力株式会社は調査等に協力する。
  • 査の結果、事業性を見込める発電事業が可能な場合、発電事業の実施に向けた具体的な検討を行う。

■リンク
北海道電力
九州電力

TOPに戻る
最新ニュース一覧

関連記事
新刊情報
 2015年頃より、IoT(InternetofThings)や人工知能(AI)が注目され始め、これらの技術を使って家電や自動車などあらゆるモノがネットワークにつながり、効率的な社会を創造することが期...
 いよいよ日本でも、IoT時代に必須のLPWA(Low Power wide Area、省電力型広域無線網)サービスがスタートします。  第4次産業革命に向けて、エネルギー、ヘルスケア、製造業、...
 NIST(米国国立標準技術研究所)が2009年11月に立ち上げた委員会「SGIP」(スマートグリッド相互運用性パネル)は、2013年にSGIP 2.0となり、新たな活動を展開している。  SG...