[ニュース]

沖縄県初、電気バスの運行が2018年春から始まる

2017/12/01
(金)
SmartGridニューズレター編集部

沖縄シップスエージェンシー、ビーワイディージャパン、ヤマトオートワークス沖縄の3社は、2018年春から沖縄県で電気バスの運行を開始すると発表した。

沖縄シップスエージェンシー、ビーワイディージャパン、ヤマトオートワークス沖縄の3社は2017年12月1日、沖縄県に電気バス10台を導入し、2018年春から運行を開始すると発表した。

図 今回導入する電気バス

図 今回導入する電気バス

出所 ヤマトオートワークス沖縄

導入する車両は、ビーワイディージャパンの親会社である中国BYDの電気バス。沖縄シップスエージェンシーが導入し、ヤマトオートワークス沖縄が点検整備を受け持つ。BYDは日本国内への電気バスの導入に向けて積極的に活動している。国内初の導入例は2015年2月に京都府京都市に導入したものだという。ヤマトオートワークス沖縄は、今回導入する電気バスに対して、24時間365日対応するサポート体制を作るとしている。

沖縄シップスエージェンシーは、那覇クルーズターミナル(沖縄県那覇市)に寄港する観光客を電気バスで輸送する計画を立てている。観光客に快適な移動手段を提供し、観光客の満足度向上、さらに観光地としての沖縄県の魅力向上を目指す。


■リンク
ヤマトオートワークス沖縄(ヤマトホールディングス)

TOPに戻る

関連記事
新刊情報
 2015年頃より、IoT(InternetofThings)や人工知能(AI)が注目され始め、これらの技術を使って家電や自動車などあらゆるモノがネットワークにつながり、効率的な社会を創造することが期...
 いよいよ日本でも、IoT時代に必須のLPWA(Low Power wide Area、省電力型広域無線網)サービスがスタートします。  第4次産業革命に向けて、エネルギー、ヘルスケア、製造業、...
 NIST(米国国立標準技術研究所)が2009年11月に立ち上げた委員会「SGIP」(スマートグリッド相互運用性パネル)は、2013年にSGIP 2.0となり、新たな活動を展開している。  SG...