[ニュース]

ジュビロ磐田のホームスタジアム、二酸化炭素排出量ゼロの電力を導入へ

2018/12/06
(木)
インプレスSmartGridニューズレター編集部

JFEエンジニアリングは、同社の子会社であり、静岡県磐田市で電力事業に取り組んでいるスマートエナジー磐田が、発電時のCO2排出量ゼロの電力をヤマハスタジアムに供給すると発表した。

JFEエンジニアリングは2018年12月5日、同社の子会社であり、静岡県磐田市で電力事業に取り組んでいるスマートエナジー磐田が、発電時のCO2排出量ゼロの電力をヤマハスタジアムに供給すると発表した。ヤマハスタジアムはサッカーJリーグのジュビロ磐田と、ジャパンラグビートップリーグのヤマハ発動機ジュビロがホームスタジアムとして使用している。

図 ヤマハスタジアムの全景

図 ヤマハスタジアムの全景

出所 公益社団法人日本プロサッカーリーグ

ヤマハスタジアムは2019年3月から、電力の供給を受ける。スマートエナジー磐田は、地域の再エネ発電所で発電した電力や、火力発電所で発電した電力にJ-クレジットなどの再エネ証書でCO2排出量を相殺した電力を送電する。ヤマハスタジアムは、スマートエナジー磐田が同日から提供を始めた電力メニュー「いわたゼロエミでんき」を契約する形となる。

スマートエナジー磐田は「いわたゼロエミでんき」の供給開始に伴い、新たな電源を確保する。具体的には、磐田市とエコ・パワーが磐田市内で運営している風力発電所の電力を確保し、磐田市内にガスエンジン発電所の建設を進める。加えて、JFEエンジニアリングの子会社であるアーバンエナジーから再エネ電源の供給を受ける。これで、スマートエナジー磐田が供給する全電力量のおよそ70%を太陽光、風力、バイオマスなどの再生可能エネルギーで発電した電力でまかなえるとしている。


■リンク
JFEエンジニアリング

TOPに戻る

関連記事
新刊情報
本書は、ブロックチェーン技術の電力・エネルギー分野での応用に焦点を当て、その基本的な概念から、世界と日本の応用事例(実証も含む)、法規制や標準化、ビジネスモデルまで、他書では解説されていないアプリケー...
5Gの技術からビジネスまですべてがわかる 5Gは社会や産業に何をもたらすのか? といったビジネス関連のトピックから、その変革はどのようなテクノロジーに支えられているのか?といった技術的な内容まで、わ...
本書は、特に産業用の5G/IoTの利用について焦点を当て、MWC19 Barcelona での産業用IoTに関する最新動向や、国内外の最新動向の取材をもとに、5Gの市場動向やビジネスモデルをまとめた解...