[ニュース]

ジュビロ磐田のホームスタジアム、二酸化炭素排出量ゼロの電力を導入へ

2018/12/06
(木)
インプレスSmartGridニューズレター編集部

JFEエンジニアリングは、同社の子会社であり、静岡県磐田市で電力事業に取り組んでいるスマートエナジー磐田が、発電時のCO2排出量ゼロの電力をヤマハスタジアムに供給すると発表した。

JFEエンジニアリングは2018年12月5日、同社の子会社であり、静岡県磐田市で電力事業に取り組んでいるスマートエナジー磐田が、発電時のCO2排出量ゼロの電力をヤマハスタジアムに供給すると発表した。ヤマハスタジアムはサッカーJリーグのジュビロ磐田と、ジャパンラグビートップリーグのヤマハ発動機ジュビロがホームスタジアムとして使用している。

図 ヤマハスタジアムの全景

図 ヤマハスタジアムの全景

出所 公益社団法人日本プロサッカーリーグ

ヤマハスタジアムは2019年3月から、電力の供給を受ける。スマートエナジー磐田は、地域の再エネ発電所で発電した電力や、火力発電所で発電した電力にJ-クレジットなどの再エネ証書でCO2排出量を相殺した電力を送電する。ヤマハスタジアムは、スマートエナジー磐田が同日から提供を始めた電力メニュー「いわたゼロエミでんき」を契約する形となる。

スマートエナジー磐田は「いわたゼロエミでんき」の供給開始に伴い、新たな電源を確保する。具体的には、磐田市とエコ・パワーが磐田市内で運営している風力発電所の電力を確保し、磐田市内にガスエンジン発電所の建設を進める。加えて、JFEエンジニアリングの子会社であるアーバンエナジーから再エネ電源の供給を受ける。これで、スマートエナジー磐田が供給する全電力量のおよそ70%を太陽光、風力、バイオマスなどの再生可能エネルギーで発電した電力でまかなえるとしている。


■リンク
JFEエンジニアリング

TOPに戻る

関連記事
新刊情報
低遅延/超高速/大量接続を実現する5Gの全貌を解説! 2018年6月に仕様が確定した5Gの最新技術(第1フェーズ)と標準動向についてまとめた解説書です。本書『5G教科書』は、第一線で活躍されている著...
 インターネットの商用化から四半世紀が過ぎ、第4次産業革命の時代を迎えています。第4次産業革命とは「産業のデジタル化」を意味し、現在、これを支える共通の情報通信基盤の構築が求められています。  ...
 2015年頃より、IoT(InternetofThings)や人工知能(AI)が注目され始め、これらの技術を使って家電や自動車などあらゆるモノがネットワークにつながり、効率的な社会を創造することが期...