[ニュース]

Volkswagen、2020年からEVを利用したカーシェアリングサービスを世界の主要都市で提供

2018/07/04
(水)
インプレスSmartGridニューズレター編集部

Volkswagen Groupは、2020年からヨーロッパ、北アメリカ、アジアの主要都市でカーシェアリングサービスを提供すると発表した。

Volkswagen Groupは2018年7月4日(中央ヨーロッパ時間)、2020年からヨーロッパ、北アメリカ、アジアの主要都市でカーシェアリングサービスを提供すると発表した。先行して2019年からドイツ国内でサービス提供を始める。このサービスには電気自動車(EV)を利用するとしている。

図 Volkswagen Groupが公開したサービス用車両のイメージ

図 Volkswagen Groupが公開したサービス用車両のイメージ

出所 Volkswagen Group

このサービスはVolkswagen Groupが開発した消費者向けサービス基盤「WE」を利用して提供する。この基盤はほかにも運転手に駐車場の位置を知らせるアプリケーションや、走行中の地域にある店舗から割引チケットなどを提供するなどのサービスを提供できるという。

カーシェアリングサービスはVolkswagen Groupの子会社であるドイツUMI Urban Mobility Internationalが提供する。同社は今年から業務を開始したばかりで、CEOのPhilip Reth氏以下、およそ30名の従業員が働いている。Reth氏は「私たちのお客さまは、目的地まで適正な価格で移動させてくれて、環境に優しいサービスを期待しているはずです。そして、それこそが私たちが提供すべきものと信じるものです」と、サービス提供開始に向けた意気込みを語った。


■リンク
Volkswagen Group

TOPに戻る

関連記事
新刊情報
本書は、ブロックチェーン技術の電力・エネルギー分野での応用に焦点を当て、その基本的な概念から、世界と日本の応用事例(実証も含む)、法規制や標準化、ビジネスモデルまで、他書では解説されていないアプリケー...
5Gの技術からビジネスまですべてがわかる 5Gは社会や産業に何をもたらすのか? といったビジネス関連のトピックから、その変革はどのようなテクノロジーに支えられているのか?といった技術的な内容まで、わ...
本書は、特に産業用の5G/IoTの利用について焦点を当て、MWC19 Barcelona での産業用IoTに関する最新動向や、国内外の最新動向の取材をもとに、5Gの市場動向やビジネスモデルをまとめた解...