[ニュース]

Renault、フランスでEVを利用したカーシェアリングなどのサービスを提供へ

2018/07/04
(水)
インプレスSmartGridニューズレター編集部

フランスRenaultは、フランスで電気自動車(EV)を活用してカーシェアリングなどのサービスを提供すると発表した。

フランスRenaultは2018年7月4日(中央ヨーロッパ時間)、フランスで電気自動車(EV)を活用してカーシェアリングなどのサービスを提供すると発表した。2018年9月からサービスを開始し、2019年の終わりまでに合計2000台のEVを投入するとしている。Renaultは自社のEV「ZOE」、2人乗りの小型EV「Twizy」、EVバン「Kangoo Z.E」、大型EVバン「Master Z.E」を今回始めるサービスのために投入するとしている。

図 Renaultは新しいサービスのために「ZOE」(写真)など、自社のEV4種類を投入する

図 Renaultは新しいサービスのために「ZOE」(写真)など、自社のEV4種類を投入する

出所 Renault

サービスの提供範囲はフランスの首都パリと、それを中心にしたイル=ド=フランス地域圏。この地域で、運転手付き観光車両(VTC:Voitures de tourisme avec chauffeur)という、Uberがアメリカで提供しているものに類似したサービスと、特定の車両基地を設定しない短距離移動用カーシェアリングと、長距離移動用カーシェアリングの3種類のサービスを提供する。以上のサービスは提供範囲の居住者と、旅行者を対象に提供する。

Renaultによるサービス開始を受けて、パリ市長のAnne Hidalgo氏は「自動車メーカーと都市は、未来の移動サービスを作るために協力していかなければなりません。パリ市とRenaultは今回提供が始まるサービスによって、その動きを先導しています。電気自動車だけで提供する今回のサービスによって、パリ市民やイル=ド=フランス地域圏の住民には、空気汚染が少ない、健康的な住環境を提供できるでしょう」と歓迎するコメントを残している。

Groupe RenaultのExecutive Vice Presidentを務めるThierry Bolloré氏は「パリ市は、環境に優しく、安全なEVによる移動サービスを待ち望んでいました。今回、その希望に応えるサービスを提供できることをうれしく思います。今回のサービス提供開始は、フランスの各都市だけでなく、世界中の都市にとって大きな刺激となるでしょう」と語っている。


■リンク
Groupe Renault

TOPに戻る

関連記事
新刊情報
本書は、ブロックチェーン技術の電力・エネルギー分野での応用に焦点を当て、その基本的な概念から、世界と日本の応用事例(実証も含む)、法規制や標準化、ビジネスモデルまで、他書では解説されていないアプリケー...
5Gの技術からビジネスまですべてがわかる 5Gは社会や産業に何をもたらすのか? といったビジネス関連のトピックから、その変革はどのようなテクノロジーに支えられているのか?といった技術的な内容まで、わ...
本書は、特に産業用の5G/IoTの利用について焦点を当て、MWC19 Barcelona での産業用IoTに関する最新動向や、国内外の最新動向の取材をもとに、5Gの市場動向やビジネスモデルをまとめた解...