[ニュース]

ソラコム、月額基本料金100円のLTE-M通信サービスを開始

2018/09/27
(木)
インプレスSmartGridニューズレター編集部

ソラコムは、IoT端末向け通信技術「LTE-M(Cat.M1)」を利用するサービス「SORACOM Air for セルラー plan-KM1」の提供を始めた。

ソラコムは2018年9月26日、IoT端末向け通信技術「LTE-M(Cat.M1)」を利用するサービス「SORACOM Air for セルラー plan-KM1」の提供を始めた。KDDIが2018年1月末からLTE-Mの通信サービスを提供しており(参考記事)、ソラコムはこの回線を利用してサービスを提供する。NTTドコモも10月1日からLTE-Mの通信サービスを開始することを明らかにしている(参考記事)。

図 「SORACOM Air for セルラー plan-KM1」で使用するSIMカード

図 「SORACOM Air for セルラー plan-KM1」で使用するSIMカード

出所 ソラコム

LTE-Mは端末の消費電力を抑えながら長距離通信を可能にするLPWA(Low Power Wide Area)通信方式の1つ。携帯電話の通信技術であるLTEを流用した「セルラーLPWA」の1種でもある。携帯電話通信事業者が設置した基地局を流用でき、LoRaWANのように、ユーザーが基地局を設置する必要はない。

SORACOM Air for セルラー plan-KM1の最大の特徴は、SORACOM Airシリーズで提供してきた付加サービスを、Webブラウザ上の管理画面での簡単な操作で利用できる点にある。ソラコムのコアネットワークから大手パブリッククラウドにデータを直送する「SORACOM Funnel」や、コアネットワークから任意のサーバーに専用線で接続する「SORACOM Direct」、端末からのデータを一時的に蓄積してグラフの形で確認可能にする「SORACOM Harvest」などの付加サービスを利用することで、ほかのシステムとの連携などを容易に実現できる。

このサービスは1回線から利用可能で、契約時の事務手数料は1回線当たり1500円(税別:以下同様)。基本料金は1回線当たり月額100円。利用回線が101回線以上になると月額90円になる。データ通信料は1KiB(キビバイト:1024バイト)当たり0.5円の従量課金制となる。そして、ある程度の期間利用する予定がない回線は、Webブラウザの管理画面で「利用開始待ち」に設定でき、その回線の分は、月額の基本料金が発生しない。


■リンク
ソラコム

TOPに戻る

関連記事
新刊情報
5Gの技術・市場トレンド、ビジネスモデルをまとめた一冊! いよいよ5G時代の到来です。米国ベライゾン、韓国SK Telecom、LGU+、KTの3社、さらに米国AT&Tはすでに5G商用サ...
経営者/ビジネスリーダーは必読! 本書では、IoTセキュリティに関する最新の脅威トピックとして、第1章では社会インフラに関わる事例、第2章ではビジネスに影響する事例、そして第3章ではAI技術を利用し...
低遅延/超高速/大量接続を実現する5Gの全貌を解説! 2018年6月に仕様が確定した5Gの最新技術(第1フェーズ)と標準動向についてまとめた解説書です。本書『5G教科書』は、第一線で活躍されている著...