[ニュース]

東邦ガス、セントレア空港島内に燃料電池バス対応の新水素ステーションを開設

2019/03/20
(水)
インプレスSmartGridニューズレター編集部

東邦ガスは、愛知県常滑市のセントレア空港島内に建設中だった水素ステーション「セントレア水素ステーション」を20日に開設すると発表した。

東邦ガスは2019年3月19日、愛知県常滑市のセントレア空港島内に建設中だった水素ステーション「セントレア水素ステーション」を20日に開設すると発表した。東邦ガスは2006年、セントレア空港島内に水素ステーションを建設しているが、これは実証実験用であり、商用ではなかった。実証実験が2018年2月に終了し、東邦ガスは実証実験用水素ステーションを解体し、その敷地に今回開設する水素ステーションを新たに建設していた(参考記事)。新しいステーションはセントレア空港島内で初めての商用水素ステーションとなる。

図 東邦ガスが新たに開設する「セントレア水素ステーション」

図 東邦ガスが新たに開設する「セントレア水素ステーション」

出所 東邦ガス

セントレア水素ステーションは燃料電池バスへの水素充填の基準を満たしており、経済産業省の「燃料電池自動車の普及促進に向けた水素ステーション整備事業費補助金」と、愛知県の「愛知県水素ステーション整備費補助金」を利用して建設した初めての例となる。東邦ガスは、今回開設するステーションで、セントレア空港島を中心に知多半島周辺で燃料電池車の利用拡大を目指す。さらに、空港を行き来する路線バスを燃料電池バスに転換する動きも期待している。

新ステーションの水素供給能力は1時間当たり300Nm3。ピーク時は1時間当たり500Nm3まで引き上げ可能。充填時の圧力は公称70MPaで、最大82MPa。都市ガスの供給を受けて、ステーションでガスを改質して水素を製造する。営業時間は11:00~18:00で、毎週木曜日と金曜日を定休日とする。支払い方法はクレジットカードのみ受け付ける。


■リンク
東邦ガス

TOPに戻る

関連記事
新刊情報
5Gの技術・市場トレンド、ビジネスモデルをまとめた一冊! いよいよ5G時代の到来です。米国ベライゾン、韓国SK Telecom、LGU+、KTの3社、さらに米国AT&Tはすでに5G商用サ...
経営者/ビジネスリーダーは必読! 本書では、IoTセキュリティに関する最新の脅威トピックとして、第1章では社会インフラに関わる事例、第2章ではビジネスに影響する事例、そして第3章ではAI技術を利用し...
低遅延/超高速/大量接続を実現する5Gの全貌を解説! 2018年6月に仕様が確定した5Gの最新技術(第1フェーズ)と標準動向についてまとめた解説書です。本書『5G教科書』は、第一線で活躍されている著...