[トピックス]

東北電力、日産自動車、三井物産、三菱地所が「V2G実証プロジェクト」開始でVPP構築へ!

2018/11/01
(木)
インプレスSmartGridニューズレター編集部

 東北電力と日産自動車、三井物産、三菱地所の4社は、電気自動車(EV:Electric Vehicle)の蓄電池を電力系統に接続して充放電するV2G(Vehicle to Grid)の構築に向けて、共同の実証プロジェクトをスタートした。実証期間は2018年10月4日〜2019年3月31日。

 東北電力と日産自動車、三井物産、三菱地所の4社は、電気自動車(EV:Electric Vehicle)の蓄電池を電力系統に接続して充放電するV2G(Vehicle to Grid)の構築に向けて、共同の実証プロジェクトをスタートした。実証期間は2018年10月4日〜2019年3月31日。

 今後、普及拡大が見込まれているEVは、移動手段としての利用だけでなく、電気を貯めて取り出せる蓄電池としての利用がすでに始まっている。同プロジェクトでは、EVの蓄電池機能に着目し、気候条件によって出力変動する再生可能エネルギーのさらなる導入拡大に対応するため、EVの電力需給バランス調整機能としての実現の可能性を検証する。また、今後のEVの普及を見据えて、駐車時にも付加価値を生み出す新たなビジネスモデルの検討なども行う。

 実証内容は、仙台ロイヤルパークホテル(三菱地所)の駐車場に設置する充放電スタンド2台(三井物産)と、EV2台(日産自動車)を使用し、新たに開発する遠隔監視・制御システムによって、スタンドに接続されたEV蓄電池の充放電を制御することで、EV蓄電池が電力需給バランスの調整機能として活用できるかを検証する(東北電力)。実証期間中には、EVをホテルの宿泊者などにカーシェアリング(NISSAN e-シェアモビ)車両としても提供する。

 なお、東北電力は、2018年5月30日から経済産業省資源エネルギー庁の補助事業「平成30(2018)年度需要家側エネルギーリソースを活用したVPP構築実証事業(V2Gアグリゲーター注1事業)」を開始しており、今回のV2G実証プロジェクトは当該補助事業の一環として取り組まれている。

図 VPP構築に向けた「V2G実証プロジェクト」の構成(イメージ)

図 VPP構築に向けた「V2G実証プロジェクト」の構成(イメージ)

出所 http://www.tohoku-epco.co.jp/news/normal/__icsFiles/afieldfile/2018/10/04/b_1198372.pdf


注1 V2Gアグリゲーター:V2Gの構築に向けた検証に取り組む事業者のこと。

関連記事
新刊情報
低遅延/超高速/大量接続を実現する5Gの全貌を解説! 2018年6月に仕様が確定した5Gの最新技術(第1フェーズ)と標準動向についてまとめた解説書です。本書『5G教科書』は、第一線で活躍されている著...
 インターネットの商用化から四半世紀が過ぎ、第4次産業革命の時代を迎えています。第4次産業革命とは「産業のデジタル化」を意味し、現在、これを支える共通の情報通信基盤の構築が求められています。  ...
 2015年頃より、IoT(InternetofThings)や人工知能(AI)が注目され始め、これらの技術を使って家電や自動車などあらゆるモノがネットワークにつながり、効率的な社会を創造することが期...