[ニュース]

三菱電機、香川・受配電システム製作所に「中低圧直流配電システム実証棟」を建設

2015/09/14
(月)
SmartGridニューズレター編集部

2015年9月14日、三菱電機株式会社(以下:三菱電機、東京都千代田区、代表執行役 執行役社長:柵山正樹)は、受配電システム製作所構内(香川県丸亀市)に製品のショールームを兼ねた「中低圧直流配電システム実証棟」を建設することを発表した。2016年4月から順次稼働を目指す。
 図 「中低圧直流配電システム実証棟」完成イメージ

中低圧直流配電システム※1は、配電に伴う電力の損失を低減できるため、スマートコミュニティやスマートビル、鉄道分野などの環境配慮型電力需給システムでの採用が期待されている。

同社は、データセンター向直流給電システム「MELUPS DECO」※2や鉄道架線(DC1500V)用直流高速度遮断器などの製品を市場に投入してきた実績を有するが、「中低圧直流配電システム実証棟」建設により、今後の直流配電技術の普及促進に向けた製品開発やエンジニアリング強化を図り、開発検証を加速させる。実証棟の概要は次の通り。

◆「中低圧直流配電システム実証棟」の概要

所在地 香川県丸亀市蓬莱町8番地
実証棟建築面積 約180m2(延床面積 約500m2)
実証棟構造 鉄骨造、地上3階建
実証棟着工予定 2015年9月
実証棟稼働開始予定 2016年3月竣工予定、2016年4月から順次稼働
投資総額 約5億円
導入予定機器 整流装置、太陽光発電、風力発電、蓄電池、
EMS(エネルギーマネジメントシステム)、直流負荷設備ほか

 


※1 IEC60364(国際電気標準会議)が制定するDC1500V以下の電圧領域

※2 「MELUPS DECO」は、国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)からの委託研究開発成果をもとに製品化された

■リンク
三菱電機

関連記事
新刊情報
攻撃者視点によるハッキング体験! 本書は、IoT機器の開発者や品質保証の担当者が、攻撃者の視点に立ってセキュリティ検証を実践するための手法を、事例とともに詳細に解説したものです。実際のサンプル機器に...
本書は、ブロックチェーン技術の電力・エネルギー分野での応用に焦点を当て、その基本的な概念から、世界と日本の応用事例(実証も含む)、法規制や標準化、ビジネスモデルまで、他書では解説されていないアプリケー...
5Gの技術からビジネスまですべてがわかる 5Gは社会や産業に何をもたらすのか? といったビジネス関連のトピックから、その変革はどのようなテクノロジーに支えられているのか?といった技術的な内容まで、わ...