[ニュース]

京セラTCLソーラー、鳥取県に「鳥取・米子メガソーラー発電所」を建設開始

2015/09/11
(金)
SmartGridニューズレター編集部

2015年9月11日、京セラTCLソーラー合同会社※1(以下:京セラTCLソーラー、東京都千代田区)は、鳥取県米子市において「鳥取・米子メガソーラー発電所」の建設を開始したことを発表した。

同発電所は、出力規模約29.2MW、年間予想発電量は約3,608万kWh(一般家庭約11,000世帯分の年間電力消費量に相当※2)を見込み、2018年3月の完成を予定する。
同建設予定地は、閉鎖されたゴルフ場跡地を含む遊休地で、土地の有効活用が望まれていた。同発電所の概要は次の通り。

◆「鳥取・米子メガソーラー発電所」概要

所在地 鳥取県米子市淀江町
事業主 京セラTCLソーラー合同会社(東京都千代田区)
設計・施工 テス・エンジニアリング株式会社(大阪府大阪市)
出力規模約 29.2MW
太陽電池設置枚数 270Wの京セラ製太陽電池モジュール 108,504枚
年間予想発電量 合計約3,608万kWhの見込み
(一般家庭約11,000世帯分の年間電力消費量に相当※2)
売電先 中国電力株式会社
スケジュール 着工:2015年9月11日、稼働:2018年3月(予定)

 


※1 京セラTCLソーラー合同会社 株主:東京センチュリーリース株式会社(81%)、京セラ株式会社(19%)

※2 1世帯当り3,254.4kWh/年で算出 出典:電気事業連合会『原子力・エネルギー図面集2015』

■リンク
京セラ株式会社
東京センチュリーリース株式会社

 

関連記事
新刊情報
攻撃者視点によるハッキング体験! 本書は、IoT機器の開発者や品質保証の担当者が、攻撃者の視点に立ってセキュリティ検証を実践するための手法を、事例とともに詳細に解説したものです。実際のサンプル機器に...
本書は、ブロックチェーン技術の電力・エネルギー分野での応用に焦点を当て、その基本的な概念から、世界と日本の応用事例(実証も含む)、法規制や標準化、ビジネスモデルまで、他書では解説されていないアプリケー...
5Gの技術からビジネスまですべてがわかる 5Gは社会や産業に何をもたらすのか? といったビジネス関連のトピックから、その変革はどのようなテクノロジーに支えられているのか?といった技術的な内容まで、わ...