[ニュース]

BoschとDaimler、2019年後半からシリコンバレーで自動運転車によるサービスを試験的に開始

2018/07/12
(木)
インプレスSmartGridニューズレター編集部

BoschとDaimlerは、2019年の後半からアメリカ・カリフォルニア州のシリコンバレーで自動運転車によるサービスを試験的に提供すると発表した。

BoschとDaimlerは2018年7月11日(中央ヨーロッパ時間)、2019年の後半からアメリカ・カリフォルニア州のシリコンバレーで自動運転車によるサービスを試験的に提供すると発表した。両社は自動運転技術を共同で開発しており、この試験サービスのために、センサーなどを搭載したECU(Electronic Control Unit)と、複数のECUを接続するネットワーク技術を開発している。自動運転に必要な機械学習を担当するコンピュータは、アメリカNvidiaが車載コンピュータの最新製品「DRIVE Pegasus」を提供する。

図 Nvidiaの車載コンピュータ「DRIVE Pegasus」。1秒間に320兆の命令を処理する能力を誇る

図 Nvidiaの車載コンピュータ「DRIVE Pegasus」。1秒間に320兆の命令を処理する能力を誇る

出所 Nvidia

両社は今回の試験について、シリコンバレーで特定ルートを往復するサービスを提供するとしており、他地域でのサービス試験については何も明らかにしていない。また今回の試験サービスでは、自動運転車を既存の交通網に溶け込ませることを目標にして、そのために必要な情報を集めるとしている。

BoschとDaimlerは自動運転技術の研究開発拠点をドイツ・シュツットガルトと、カリフォルニア州サニーヴェールに構えている。それぞれの拠点では、両社の従業員が同じオフィススペースで働いており、これによって研究開発に必要なコミュニケーションが密になり、物事の決断が早くなるとしている。Boschはセンサーなどの部品の開発を担当しており、Daimlerは自動運転技術を実車に搭載する手法を開発しているという。


■リンク
Bosch
Daimler

TOPに戻る

関連記事
新刊情報
 インターネットの商用化から四半世紀が過ぎ、第4次産業革命の時代を迎えています。第4次産業革命とは「産業のデジタル化」を意味し、現在、これを支える共通の情報通信基盤の構築が求められています。  ...
 2015年頃より、IoT(InternetofThings)や人工知能(AI)が注目され始め、これらの技術を使って家電や自動車などあらゆるモノがネットワークにつながり、効率的な社会を創造することが期...
 いよいよ日本でも、IoT時代に必須のLPWA(Low Power wide Area、省電力型広域無線網)サービスがスタートします。  第4次産業革命に向けて、エネルギー、ヘルスケア、製造業、...