[ニュース]

京セラ、リチウムイオン蓄電システム「マルチDCリンクタイプ」と「大容量タイプ」を販売開始

2015/02/24
(火)
SmartGridニューズレター編集部

京セラ株式会社(以下:京セラ、京都市伏見区、代表取締役社長:山口 悟郎)は、2015年2月24日、国内住宅用リチウムイオン蓄電システムにおいて、充電効率の向上と設置スペース・コストの削減を実現した「マルチDCリンクタイプ」と、蓄電容量12kWhを備えた「大容量タイプ」の2機種を製品化し、2015年6月以降、順次販売開始すると発表した。

受注と販売は、京セラの太陽光発電システム国内販売会社である株式会社京セラソーラーコーポレーション(以下:京セラソーラーコーポレーション、京都市伏見区、代表取締役社長:後藤 政治)が担う。

タイプ名称 マルチDC リンクタイプ
型式 EGS-ML0721
蓄電容量 7.2kWh
質量 200kg
外形寸法 幅1100×高さ985×奥行295mm
希望小売価格 3,000,000円(税抜)
発売日 2015年8月31日(月)

 

タイプ名称 大容量タイプ
型式 EGS-LM1201
蓄電容量 12.0kWh
質量 230kg
外形寸法 幅1060×高さ1250×奥行300mm
希望小売価格 3,700,000円(税抜)
発売日 2015年6月1日(月)

■リンク
京セラ
京セラソーラーコーポレーション

関連記事
新刊情報
5Gの技術からビジネスまですべてがわかる 5Gは社会や産業に何をもたらすのか? といったビジネス関連のトピックから、その変革はどのようなテクノロジーに支えられているのか?といった技術的な内容まで、わ...
本書は、特に産業用の5G/IoTの利用について焦点を当て、MWC19 Barcelona での産業用IoTに関する最新動向や、国内外の最新動向の取材をもとに、5Gの市場動向やビジネスモデルをまとめた解...
5Gの技術・市場トレンド、ビジネスモデルをまとめた一冊! いよいよ5G時代の到来です。米国ベライゾン、韓国SK Telecom、LGU+、KTの3社、さらに米国AT&Tはすでに5G商用サ...