[ニュース]

改正電気事業法が成立、2020年に発送電分離へ

2015/06/17
(水)
SmartGridニューズレター編集部

2015年6月17日、参議院にて、「電気事業法等の一部を改正する等の法律案」(閣法第29号)が可決され、改正電気事業法が成立した。

同法案は、2013年4月に閣議決定された「電力システム改革に関する改革方針」の第3段階である「法的分離の方式による送配電部門の中立性の一層の確保」の実現を行う。

具体的には、電力、ガス、熱供給に関するエネルギー分野の一体改革を行うため、電気事業法、ガス事業法、熱供給事業法、経済産業省設置法を改正し、「法的分離による送配電事業およびガス導管事業の中立性の確保」「小売電気料金・小売ガス料金の規制の撤廃に係る措置の整備」「ガスの小売業への参入の全面自由化」「電力・ガス取引監視等委員会の設立」などを図る内容となっている。

■リンク
経済産業省

関連記事
新刊情報
5Gの技術からビジネスまですべてがわかる 5Gは社会や産業に何をもたらすのか? といったビジネス関連のトピックから、その変革はどのようなテクノロジーに支えられているのか?といった技術的な内容まで、わ...
本書は、特に産業用の5G/IoTの利用について焦点を当て、MWC19 Barcelona での産業用IoTに関する最新動向や、国内外の最新動向の取材をもとに、5Gの市場動向やビジネスモデルをまとめた解...
5Gの技術・市場トレンド、ビジネスモデルをまとめた一冊! いよいよ5G時代の到来です。米国ベライゾン、韓国SK Telecom、LGU+、KTの3社、さらに米国AT&Tはすでに5G商用サ...