[ニュース]

九州電力、電力小売り全面自由化に向け「家庭向けブランド」の料金プランを創設

2016/01/15
(金)
SmartGridニューズレター編集部

2016年1月15日、九州電力株式会社(以下:九州電力、福岡市中央区、代表取締役社長:瓜生 道明)は、2016年4月より開始される電力小売り全面自由化にむけて第一弾として、多様化する顧客のライフスタイルや生活パターンに合わせて選択できるように料金プランのラインナップ充実を図り、家庭や商店などの顧客向けに「新料金プラン」を創設したことを発表した。「新料金プラン」への変更は、電話や同社ホームページで受付を開始する。

同社と顧客を繋ぐ家庭向けブランドとして現行会員向けサイト「省エネ快適ライフ」から2016年4月より「キレイライフプラス」を立上げ、あわせて会員向けホームページサイトを全面リニューアルし、顧客の暮らしに役立つ情報を届けていく。
さらに、新サービスとして、毎月の電気ご使用量に応じてポイントを加算し、抽選で賞品があたるポイントサービスや顧客の様々なニーズに応える新サービスを、順次導入していく。ポイントサービスの詳細やその他の新サービスについては、内容が決まり次第、同社より改めてアナウンスされる。
(「新料金プラン」等についてはリンク先を参照)


■リンク
九州電力

TOPに戻る
最新ニュース一覧

関連記事
新刊情報
本書は、ブロックチェーン技術の電力・エネルギー分野での応用に焦点を当て、その基本的な概念から、世界と日本の応用事例(実証も含む)、法規制や標準化、ビジネスモデルまで、他書では解説されていないアプリケー...
5Gの技術からビジネスまですべてがわかる 5Gは社会や産業に何をもたらすのか? といったビジネス関連のトピックから、その変革はどのようなテクノロジーに支えられているのか?といった技術的な内容まで、わ...
本書は、特に産業用の5G/IoTの利用について焦点を当て、MWC19 Barcelona での産業用IoTに関する最新動向や、国内外の最新動向の取材をもとに、5Gの市場動向やビジネスモデルをまとめた解...