[ニュース]

Nestléのアメリカ法人、風力発電所の電力を購入へ―ペンシルバニア州の同社施設で消費

2018/02/13
(火)
インプレスSmartGridニューズレター編集部

スイスNestléのアメリカ法人であるNestlé USAは、15年契約で風力発電所の電力を購入すると発表した。

スイスNestléのアメリカ法人であるNestlé USAは2018年2月12日(アメリカ東部標準時)、15年契約で風力発電所の電力を購入すると発表した。購入契約はスペインEDP Renewablesのアメリカ法人と締結し、同社がインディアナ州で運営している風力発電所「Meadow Lake Wind Farm」が発電する電力50MW分の供給を15年間受ける。Nestlé USAはこの契約により、エネルギーにかかるコストを削減し、化石燃料の価格変動による影響を抑えることができるとしている。

図 「Meadow Lake Wind Farm」に建つ風力発電設備

図 「Meadow Lake Wind Farm」に建つ風力発電設備

出所 EDP Renewables

Meadow Lake Wind Farmで発電した電力は、送電事業者であるPJM Interconnectionの送電網を通して、ペンシルバニア州にあるNestlé USAと、その関連会社の施設に送る。Nestlé USAはこの電力を、Nestlé Purina PetCare、Nestlé Waters North Americaの3社の施設5カ所で消費する。この電力で5施設で消費する電力のおよそ80%をまかなえるとしている。また今回の電力購入で、Nestléグループのアメリカにある拠点で消費する電力のおよそ20%を再生可能エネルギー由来の電力が占めることになる。

Nestléは、再生可能エネルギーのみで事業を運営することを目指す世界的な企業連合「RE100」に加盟しており、2020年までに、生産する商品1トン当たりのCO2排出量を2010年比で35%削減する目標を掲げている。

ちなみに、今回Nestléに電力を供給することが決まったMeadow Lake Wind Farmは、工期によってI~IVまでの4つのエリアに分かれている。Nestléは、そのうちのIVエリアから電力供給を受ける。ちなみにエリアIの最大出力は199.65MW(19万9650kW)で、エリアIIは99MW(9万9000kW)、エリアIIIは103.5MW(10万3500kW)、エリアIVは98.7MW(9万8700kW)。合計出力は500.85MW(50万850kW)にもなる巨大風力発電所だ。さらに、追加で風力発電設備を設置し、合計出力を800MWとする計画も進んでいる。


■リンク
Nestlé USA
EDP Renewables

TOPに戻る

関連記事
新刊情報
低遅延/超高速/大量接続を実現する5Gの全貌を解説! 2018年6月に仕様が確定した5Gの最新技術(第1フェーズ)と標準動向についてまとめた解説書です。本書『5G教科書』は、第一線で活躍されている著...
 インターネットの商用化から四半世紀が過ぎ、第4次産業革命の時代を迎えています。第4次産業革命とは「産業のデジタル化」を意味し、現在、これを支える共通の情報通信基盤の構築が求められています。  ...
 2015年頃より、IoT(InternetofThings)や人工知能(AI)が注目され始め、これらの技術を使って家電や自動車などあらゆるモノがネットワークにつながり、効率的な社会を創造することが期...