[ニュース]

国交省、北九州港洋上発電施設の導入関する変更申請に同意

2016/06/10
(金)
SmartGridニューズレター編集部

2016年6月10日、国土交通省(以下:国交省)は、北九州港港湾管理者である北九州市から申請のあった、洋上風力発電施設の導入に関する港湾区域の変更ついて同意したことを発表した。

北九州港港湾管理者の北九州市は、今回拡張(変更)する港湾区域を含めた水域を、「再生可能エネルギー源を利活用する区域」として北九州港港湾計画に位置づけ、北九州港の開発、利用及び保全と調和を図りつつ、洋上風力発電施設の導入に向けた取り組みを進めるため、港湾法に基づく港湾区域の変更同意申請を2016年4月26日行っている。

洋上風力発電施設の導入に関する港湾区域の変更事案としては国内初となる。
同申請は、経済的に一体の港湾として管理運営するために必要な最小限度の区域を確保するために行うものであり、国交省としては、港湾法上問題となる点が認められないと判断し、港湾法第33条第2項で準用する同法第4条第4項の規定に基づき、申請のとおり港湾区域の変更について同意することとした。


■リンク
国交省

TOPに戻る
最新ニュース一覧

関連記事
新刊情報
低遅延/超高速/大量接続を実現する5Gの全貌を解説! 2018年6月に仕様が確定した5Gの最新技術(第1フェーズ)と標準動向についてまとめた解説書です。本書『5G教科書』は、第一線で活躍されている著...
 インターネットの商用化から四半世紀が過ぎ、第4次産業革命の時代を迎えています。第4次産業革命とは「産業のデジタル化」を意味し、現在、これを支える共通の情報通信基盤の構築が求められています。  ...
 2015年頃より、IoT(InternetofThings)や人工知能(AI)が注目され始め、これらの技術を使って家電や自動車などあらゆるモノがネットワークにつながり、効率的な社会を創造することが期...