[ニュース]

アメリカLightning Systems、大型バンをEV化する改造キットを発売―燃料電池も投入予定

2018/03/12
(月)
インプレスSmartGridニューズレター編集部

アメリカLightning Systemsは、Ford Motorの大型バン「Ford Transit」を電気自動車(EV)に改造するキットを3月中に発売すると発表した。

アメリカLightning Systemsは2018年3月6日(アメリカ山岳部標準時間)、Ford Motorの大型バン「Ford Transit」を電気自動車(EV)に改造するキットを3月中に発売すると発表した。さらに、オプションとして燃料電池を今秋に発売することも明らかにした。Ford Transitは、排気量3.7リットルあるいは3.5リットルのV型6気筒エンジンを搭載し、標準で10人乗り、最大で15人乗りの大型バン。車両後部をすべて荷物用スペースにした業務用車両もある。

図 Lightning Systemsの改造キットでEVに改造した「Ford Transit」

図 Lightning Systemsの改造キットでEVに改造した「Ford Transit」

出所 Lightning Systems

改造キットは、Ford Motorの「eQVM(Advanced Fuel Qualified Vehicle Modifier) Program」を通して提供する。eQVM Programは、Ford Motorが2017年3月に発表した制度で、同社の車両をエンジン駆動から、ハイブリッド、あるいはEVに転換するプログラム。転換後も、シャーシ部分に限ってFord Motorsの保証が付帯する。転換した部分の保証は、Lightning Systemsが提供する。改造は、Ford Motorsのディーラー、もしくはeQVM Program公認の工場が担当する。

改造キットは2種類。満充電状態からの走行距離が約50マイル(約80km)のものと、約100マイル(約161km)のものだ。50マイル走行するキットなら、標準の充電機能で6時間で充電でき、直流の高速充電器(50kW)を利用すると30分以内で充電できるという。100マイルのキットなら、それぞれ2倍の時間がかかる。どちらも最高速度は時速55マイル(約89km/h)となる。改造キットの対象車種は、総重量1万360ポンド(約4700kg)までの車種。積載重量も4000ポンド(約1800kg)までとなる。

秋に登場予定の燃料電池は、EV化した車両に追加で搭載して走行距離を伸ばす「レンジエクステンダー」として提供する。出力は30kW。これを搭載すると、走行距離が200マイル(約322km)まで伸び、最高速度も時速75マイル(約121km/h)に上がるとしている。

Lightning Systemsは、2008年にコロラド州立大学の卒業生が中心になって設立したベンチャー企業(前社名はLightning Hybrids)。コロラド州ラブランド市に本社を置き、これまでに企業は政府、自治体の車両をハイブリッド車に改造した実績を持っている。


■リンク
Lightning Systems

TOPに戻る

関連記事
新刊情報
低遅延/超高速/大量接続を実現する5Gの全貌を解説! 2018年6月に仕様が確定した5Gの最新技術(第1フェーズ)と標準動向についてまとめた解説書です。本書『5G教科書』は、第一線で活躍されている著...
 インターネットの商用化から四半世紀が過ぎ、第4次産業革命の時代を迎えています。第4次産業革命とは「産業のデジタル化」を意味し、現在、これを支える共通の情報通信基盤の構築が求められています。  ...
 2015年頃より、IoT(InternetofThings)や人工知能(AI)が注目され始め、これらの技術を使って家電や自動車などあらゆるモノがネットワークにつながり、効率的な社会を創造することが期...