[ニュース]

Daimler、アメリカのトラックリース業者に三菱ふそうトラック・バスの「eCanter」を納車

2019/03/14
(木)
インプレスSmartGridニューズレター編集部

Daimlerは、アメリカでトラックのリース業と整備業などを営んでいるPenske Truck Leasingに、三菱ふそうトラック・バスの電気トラック(EVトラック)「eCanter」を納車したと発表した。

Daimlerは2019年3月14日(中央ヨーロッパ時間)、アメリカでトラックのリース業と整備業などを営んでいるPenske Truck Leasingに、三菱ふそうトラック・バスの電気トラック(EVトラック)「eCanter」を納車したと発表した。三菱ふそうトラック・バスはDaimlerの傘下にある企業だ。Penske Truck Leasingは今回の納車の前に、EVトラックを2車種導入している。Daimlerの商用車部門であるDaimler Trucksが開発した大型トレーラー「Freightliner eM2」「Freightliner eCascadia」だ。中型トラックを導入するのはこれが初めてとなる。

図 三菱ふそうトラック・バスのEVトラック「eCanter」

図 三菱ふそうトラック・バスのEVトラック「eCanter」

出所 Daimler

Penske Truck Leasingは、今回受領したeCanterをカリフォルニア州での集配業務で使い始めるとしている。Penske Truck Leasingの社長兼CEOであるBrian Hard氏は「当社は顧客の利益のために、最新の革新的な車両の導入を続けている。eCanterは1回の充電で100km走行できて、急速充電も可能だ。都市部の集配業務に使う車両として、少しでも排ガスが少ない車両を探している顧客には最高の車両になるだろう」と述べている。

Daimlerによると、eCanterはすでに日本、ドイツ、イギリス、オランダ、ポルトガルなどの国で合計100台以上が走行しているという。1回の充電で100kmという航続距離は都市部での集配業務には十分な距離であるとしている。普通充電でも1晩で充電できるが、急速充電を利用すればおよそ105分で充電できるという。


■リンク
Daimler

TOPに戻る

関連記事
新刊情報
本書は、ブロックチェーン技術の電力・エネルギー分野での応用に焦点を当て、その基本的な概念から、世界と日本の応用事例(実証も含む)、法規制や標準化、ビジネスモデルまで、他書では解説されていないアプリケー...
5Gの技術からビジネスまですべてがわかる 5Gは社会や産業に何をもたらすのか? といったビジネス関連のトピックから、その変革はどのようなテクノロジーに支えられているのか?といった技術的な内容まで、わ...
本書は、特に産業用の5G/IoTの利用について焦点を当て、MWC19 Barcelona での産業用IoTに関する最新動向や、国内外の最新動向の取材をもとに、5Gの市場動向やビジネスモデルをまとめた解...