[ニュース]

データセンター業者のDigital Realty、Facebookに代わって80MWの再エネ電力を購入

2019/01/25
(金)
インプレスSmartGridニューズレター編集部

アメリカDigital Realtyは、ノースカロライナ州の太陽光発電事業者であるSunEnergy1から、80MW分の電力を購入する長期契約を締結したと発表した。

欧米やアジア、オーストラリアでデータセンターを運営しているアメリカDigital Realtyは2019年1月24日(アメリカ太平洋標準時間)、ノースカロライナ州の太陽光発電事業者であるSunEnergy1から、80MW分の電力を購入する長期契約を締結したと発表した。購入する電力はすべてSunEnergy1が運営するメガソーラーで発電するもの。Digital Realityはこの電力を、Facebookが同社から賃借しているデータセンター設備で消費する。そして、再生可能エネルギーを使ったという実績や各種環境関係の認定はFacebookが保持する。

図 Digital Realtyは北米19都市のほか、ヨーロッパ4都市、アジア4都市、オーストラリア2都市でデータセンターを運営している

図 Digital Realtyは北米19都市のほか、ヨーロッパ4都市、アジア4都市、オーストラリア2都市でデータセンターを運営している

出所 Digital Realty

今回の契約は、Digital Realityが顧客であるFacebookに代わって再エネ電力を購入するという形になる。Digital Realityは、再生可能エネルギーで運用するデータセンター設備も貸し出しているが、今回のように大口顧客の再エネ導入に協力するために、顧客に代わって電力購入契約を締結するのは初の例だという。

Facebookで用地選定とエネルギー調達を担当しているBobby Hollis氏は「Digital Realityが今回の契約を締結したことを歓迎する。そして、今回の契約が再生可能エネルギーの利用を希望するDigital Realityの顧客にとってモデルになればと考えている」と、今回の契約と同様の方法で再エネを利用する企業が現れることを期待するコメントを残している。

Digital Realityはデータセンターの機器で消費する電力として、再生可能エネルギーで発電した電力を長期契約で購入しており、その量はおよそ745GWh(7億4500万kWh)に達する。これで年間およそ52万5000トンのCO2を削減している。


■リンク
Digital Realty

TOPに戻る

関連記事
新刊情報
5Gの技術・市場トレンド、ビジネスモデルをまとめた一冊! いよいよ5G時代の到来です。米国ベライゾン、韓国SK Telecom、LGU+、KTの3社、さらに米国AT&Tはすでに5G商用サ...
経営者/ビジネスリーダーは必読! 本書では、IoTセキュリティに関する最新の脅威トピックとして、第1章では社会インフラに関わる事例、第2章ではビジネスに影響する事例、そして第3章ではAI技術を利用し...
低遅延/超高速/大量接続を実現する5Gの全貌を解説! 2018年6月に仕様が確定した5Gの最新技術(第1フェーズ)と標準動向についてまとめた解説書です。本書『5G教科書』は、第一線で活躍されている著...