[展示会]

【速報】NGNなど次世代ICTに向けて『ITU TELECOM WORLD 2006』開幕!

2006/12/04
(月)
SmartGridニューズレター編集部

アジア初のイベントに大きな期待が高まる

来場者を待つAsia World-Expo会場の様子

写真1 来場者を待つ
Asia World-Expo会場の様子

世界最大の情報通信(ICT:Information and Communication Technology)産業における国際的なイベント、フォーラムである、ITU TELECOM WORLD2006(世界電気通信総合展示会、略称:TELECOM2006)が、2006年12月4日(月)、香港国際空港近くの展示会場「Asia World-Expo」で開幕した(12月8日まで5日間開催)。

現在、世界のインターネット・ユーザーが10億人を超え、携帯電話の契約者数が21億人を突破(2005年)するなどICTは急成長を遂げており、さらに放送通信の融合や、有線網と無線網の融合(FMC)を実現するNGN(Next Generation Network、次世代ネットワーク)の動きも活発化しているなど、次世代のICTへの期待が高まっている。

このような背景のもとに、今回10回目を迎えたTELECOM2006は、第1回(1971年)以来、誕生の地であるスイス・ジュネーブで開催されてきたが、今回初めてアジアへ舞台を移して開催される運びとなった。また、従来はオリンピックと同じく4年に一度の開催であったが、ICT産業のめまぐるしい発展を背景に、今回から3年に一度の開催となった。

オープニング会場案内

写真2 オープニング会場案内

開催に先立って、2006年12月3日(日)に開催された、オープニング・セレモニー(会場:HKCEC、香港コンベンション/展示センター)で、中国の副首相であるWu Bangguo氏(中国全国人大常委員長)は、開催国を代表し、まず「中国は、世界のICT市場において、最大かつ最速で成長してきています。そのような中で、今回のイベントが中国(香港)で開催されたことは、非常に意義のあることです」と語った。さらに、「ICTのコア・インダストリーとして、ICやソフト産業はもとより、新世代のモバイル・コミュニケーションをはじめNGNやデジタル・テレビジョンの分野を積極的に成長させていきます」と続けた。

乾杯するWu Bangguo氏(左)と内海氏

写真3 乾杯する
Wu Bangguo氏(左)とITU内海氏

セレモニーの後に開かれたレセプションには、ITUの事務総局長として活躍し、その任務を2006年12月末に交代する内海善雄氏も主催者側を代表して参加、TELECOM2006の成功に向けて、世界各国から招かれた来賓とともに高らかに乾杯した。

今回のTELECOM2006のテーマは、「Living the Digital World」(デジタル環境における生活スタイル)であり、来場者は3.5~5万人程度、出展は500~600社程度と見込まれている。これは、前回(来場者数:10万人、出展社数:910)に比べて、控えめな発表となっているが、アジアでの初めての開催であることなどを考慮したものと考えられる。

■■■

WBB ForumではITU Telecom 2006の最新情報をレポートしていきます。
続報にご期待ください。

関連記事
新刊情報
本書は、特に産業用の5G/IoTの利用について焦点を当て、MWC19 Barcelona での産業用IoTに関する最新動向や、国内外の最新動向の取材をもとに、5Gの市場動向やビジネスモデルをまとめた解...
5Gの技術・市場トレンド、ビジネスモデルをまとめた一冊! いよいよ5G時代の到来です。米国ベライゾン、韓国SK Telecom、LGU+、KTの3社、さらに米国AT&Tはすでに5G商用サ...
経営者/ビジネスリーダーは必読! 本書では、IoTセキュリティに関する最新の脅威トピックとして、第1章では社会インフラに関わる事例、第2章ではビジネスに影響する事例、そして第3章ではAI技術を利用し...