[ニュース]

TISと関電システムソリューションズ、小売電力事業者向け顧客情報管理システムの販売代理店契約を締結

2016/01/18
(月)
SmartGridニューズレター編集部

2016年1月18日、TIS株式会社(以下:TIS、東京都新宿区、代表取締役会長兼社長:桑野 徹)と、関電システムソリューションズ株式会社(以下:KS-SOL、大阪市北区、代表取締役社長:山元 康裕)は、KS-SOLの小売電力事業者向け顧客情報管理システム(CIS)「NISHIKI」の販売代理店契約を締結し、TISのエネルギー業界向けソリューション「エネLink」の新メニューとして提供開始することを発表した。

これまでTISは、「NISHIKI」のパッケージ開発および個社導入のアドオン開発をKS-SOLと共同で実施してきた。同契約締結を受け、TISの販売代理が可能となったことで、これまで以上に多くの小売電力事業者に向けた「NISHIKI」の拡販が可能となる。

KS-SOLは、これまで培った電力ノウハウをもとに「NISHIKI」を開発する他、企業の電力業界参入のための事業立ち上げなどの、コンサルティングも数多く支援してきた実績を有する。
TISはアプリケーションからインフラ基盤までの構築やシステム運用など、システム全般に関わるトータルインテグレーションサービスを全国規模で、エネルギー業界をはじめとする様々な業界向けに提供してきている。
同協業により、TISは顧客情報管理・料金計算・請求管理・収納管理など電力事業の基幹システムを構築するサービスである「エネLink CIS+」の新メニューとして「NISHIKI」を拡販していく。

今後、TISとKS-SOLでは、全国レベルでの共同マーケティングを加速させ、中期的には両社で10億円程度の売上を目指す。特に、機能単位で導入できる「NISHIKI」の特長を活かし、“既存の顧客管理システムを流用して電力事業に足りない機能を補って事業参入したい"というニーズが高い通信・生協・農協などの特定業界・業種に対し、まずは両社で積極的な営業展開を予定する。
また、同時にクラウドサービスの提供、スモールスタートで小売電力事業を立ち上げる企業への販売なども推進していく。


■リンク
TIS
KS-SOL

TOPに戻る
最新ニュース一覧

関連記事
新刊情報
 インターネットの商用化から四半世紀が過ぎ、第4次産業革命の時代を迎えています。第4次産業革命とは「産業のデジタル化」を意味し、現在、これを支える共通の情報通信基盤の構築が求められています。  ...
 2015年頃より、IoT(InternetofThings)や人工知能(AI)が注目され始め、これらの技術を使って家電や自動車などあらゆるモノがネットワークにつながり、効率的な社会を創造することが期...
 いよいよ日本でも、IoT時代に必須のLPWA(Low Power wide Area、省電力型広域無線網)サービスがスタートします。  第4次産業革命に向けて、エネルギー、ヘルスケア、製造業、...