[ニュース]

丸紅、伊大手電力会社「エネル社」とアジアでの発電事業共同開発に関する覚書を締結

2016/05/24
(火)
SmartGridニューズレター編集部

2016年5月24日、丸紅株式会社(以下:丸紅、東京都千代田区、代表取締役社長:國分 文也)と、イタリア大手電力会社であるエネルエスピーエー社(以下:エネル社)は、アジアにおける発電事業案件の共同開発に係る検討を開始することに合意し、2016年5月23日に共同開発に関する覚書を締結したことを発表した。

同覚書では、アジアの中でも特にインドネシア、フィリピン、タイ、ミャンマー、ベトナム、マレーシアを中心に、実現可能性調査を含めた共同開発を検討していくことに基本合意した。丸紅はエネル社と共に、電力の安定供給を通してアジアの更なる発展に寄与すべく、案件開発の早期実現を目指す。


■リンク
丸紅

TOPに戻る
最新ニュース一覧

関連記事
新刊情報
本書は、特に産業用の5G/IoTの利用について焦点を当て、MWC19 Barcelona での産業用IoTに関する最新動向や、国内外の最新動向の取材をもとに、5Gの市場動向やビジネスモデルをまとめた解...
5Gの技術・市場トレンド、ビジネスモデルをまとめた一冊! いよいよ5G時代の到来です。米国ベライゾン、韓国SK Telecom、LGU+、KTの3社、さらに米国AT&Tはすでに5G商用サ...
経営者/ビジネスリーダーは必読! 本書では、IoTセキュリティに関する最新の脅威トピックとして、第1章では社会インフラに関わる事例、第2章ではビジネスに影響する事例、そして第3章ではAI技術を利用し...