[ニュース]

三菱重工など、8,000kW級の洋上風力発電設備を5基受注

2016/06/08
(水)
SmartGridニューズレター編集部

2016年6月8日、三菱重工業株式会社(以下:三菱重工、東京都港区、取締役社長 CEO:宮永 俊一)とデンマークのヴェスタス社(Vestas Wind Systems A/S)の洋上風力発電設備合弁会社であるMHI Vestas Offshore Wind A/S(以下:MHIヴェスタス)は、英国の再生エネルギー事業者であるEDF Energy Renewableが同国で計画する出力4万1,500kW級のブライス洋上風力発電実証プロジェクト(Blyth Offshore Demonstrator Project)向けに、世界最大出力8,000kW級の洋上風力発電設備V164-8.0MWを5基受注したことを発表した。
設備の完成と実証開始は2017年を予定する。また、契約には15年間の完全保守サービスも含まれる。

EDF Energy Renewableはフランスの大手電力会社EDFのグループ会社であり、EDF Energy社とEDF Energy Nouvelles社の折半出資で設立され、英国で陸上・洋上風力発電事業を手掛けている。

ブライス洋上風力発電実証プロジェクトは、ニューキャッスルの北方に位置するブライスの沖合5.7kmで計画されているものである。同プロジェクトでは、定格8,000kWのV164-8.0MWについて、パワーモードを使い最大8,300kWの出力で送電するだけでなく、66kVの電圧連系およびコンクリート製基礎などの革新技術について検証する。


■リンク
三菱重工

TOPに戻る
最新ニュース一覧

関連記事
新刊情報
攻撃者視点によるハッキング体験! 本書は、IoT機器の開発者や品質保証の担当者が、攻撃者の視点に立ってセキュリティ検証を実践するための手法を、事例とともに詳細に解説したものです。実際のサンプル機器に...
本書は、ブロックチェーン技術の電力・エネルギー分野での応用に焦点を当て、その基本的な概念から、世界と日本の応用事例(実証も含む)、法規制や標準化、ビジネスモデルまで、他書では解説されていないアプリケー...
5Gの技術からビジネスまですべてがわかる 5Gは社会や産業に何をもたらすのか? といったビジネス関連のトピックから、その変革はどのようなテクノロジーに支えられているのか?といった技術的な内容まで、わ...