[ニュース]

SBエナジー、宮崎県えびの市にメガソーラー発電所を建設

2015/05/15
(金)
SmartGridニューズレター編集部

2015年5月15日、ソフトバンクグループで自然エネルギー事業などを行うSBエナジー株式会社(以下:SBエナジー、東京都港区、代表取締役社長:孫 正義)は、宮崎県えびの市に大規模太陽光発電所「ソフトバンク宮崎えびのソーラーパーク」の建設を決定したことを発表した。

今回、SBエナジーは霧島エンタープライズ株式会社(宮崎県えびの市、代表取締役:宮原 一良)が所有する約1万7,000m2の土地において、出力規模が約1.4MW、年間予想発電量が一般家庭約448世帯分の年間電力消費量に相当する約161万6,000kWh/年の発電を行うメガソーラー発電所を建設し、2015年9月の運転開始を目指す。
 

◆「ソフトバンク宮崎えびのソーラーパーク」概要

所在地 宮崎県えびの市大字大河平字琵琶池4470
敷地面積 約1万7,000m2(約1.7ha)
出力規模(太陽電池容量) 約1,400kW(約1.4MW)
年間予想発電量 約161万6,000kWh/年
一般家庭約448世帯分の年間電力消費量に相当※1
運転開始 2015年9月予定

 


※1:1世帯当たり3,600kWh/年で算出

■リンク
SBエナジー

関連記事
新刊情報
攻撃者視点によるハッキング体験! 本書は、IoT機器の開発者や品質保証の担当者が、攻撃者の視点に立ってセキュリティ検証を実践するための手法を、事例とともに詳細に解説したものです。実際のサンプル機器に...
本書は、ブロックチェーン技術の電力・エネルギー分野での応用に焦点を当て、その基本的な概念から、世界と日本の応用事例(実証も含む)、法規制や標準化、ビジネスモデルまで、他書では解説されていないアプリケー...
5Gの技術からビジネスまですべてがわかる 5Gは社会や産業に何をもたらすのか? といったビジネス関連のトピックから、その変革はどのようなテクノロジーに支えられているのか?といった技術的な内容まで、わ...