[ニュース]

川崎市と昭和電工、低炭素水素社会実現に向け協定締結

2015/07/28
(火)
SmartGridニューズレター編集部

2015年7月28日、川崎市(市長:福田紀彦)と昭和電工株式会社(以下:昭和電工、東京都港区、代表取締役社長:市川 秀夫)は、低炭素水素社会の実現に向けた連携・協力について合意し、協定を締結したことを発表した。協定締結により、両者で使用済プラスチック由来低炭素水素を活用した環境負荷の少ない低炭素な水素社会の実現を目指す。

協定に基づく取り組みの1つとして、使用済プラスチック由来の水素を川崎臨海部の需要者にパイプラインで輸送し、純水素型燃料電池を活用しエネルギー利用する技術実証を行う。これは環境省が公募した「平成27年度地域連携・低炭素水素技術実証事業」において、昭和電工の「使用済プラスチック由来低炭素水素を活用した地域循環型水素地産地消モデル実証事業」が採択されたことから、今回、川崎市と昭和電工が連携・協力し、本水素を活用した統合的システムの地域実証を行うことになったものである。
 図1 実証事業イメージ

川崎市は、実証事業に参加する各事業者間などの調整、許認可取得関連の支援、実証事業への助言などの役割を担い、昭和電工は使用済プラスチック由来の水素の製造・供給を行うとともに、サプライチェーンの実現に必要な技術実証を行う。

 なお、今後、環境省との協議等により実証内容・実施計画については、変更が生じることがある。

 

■リンク
川崎市
昭和電工

関連記事
新刊情報
5Gの技術からビジネスまですべてがわかる 5Gは社会や産業に何をもたらすのか? といったビジネス関連のトピックから、その変革はどのようなテクノロジーに支えられているのか?といった技術的な内容まで、わ...
本書は、特に産業用の5G/IoTの利用について焦点を当て、MWC19 Barcelona での産業用IoTに関する最新動向や、国内外の最新動向の取材をもとに、5Gの市場動向やビジネスモデルをまとめた解...
5Gの技術・市場トレンド、ビジネスモデルをまとめた一冊! いよいよ5G時代の到来です。米国ベライゾン、韓国SK Telecom、LGU+、KTの3社、さらに米国AT&Tはすでに5G商用サ...