[ニュース]

NTTコム、超大容量400ギガビット/秒伝送の長距離化に成功

2016/05/24
(火)
SmartGridニューズレター編集部

2016年5月24日、NTTコミュニケーションズ株式会社(以下:NTTコム、東京都千代田区、代表取締役社長:庄司 哲也)は、商用環境に敷設した光損失と光非線形性を低減させた新しい光ファイバケーブルを用い、世界最先端の高度デジタルコヒーレント光伝送技術※1および伝送路設計技術によって、400G光信号による波長多重伝送を実施し、世界最長※2となる1,907km(札幌から大阪までの伝送距離に相当)の長距離伝送試験に成功したことを発表した。

今回伝送に成功した距離は、商用環境での利用を考慮に入れても十分な伝送距離を担保できる長さに相当するため、基幹の光通信網を担う既設の100G伝送網に光回線容量が現行の4倍となる400G対応のアップグレードを実施する技術的な目途がついたことになる。
 図 実験のイメージ

400G伝送網は、4K/8KあるいはVRなどの大容量映像配信の普及やIoTの爆発的拡大に伴う大容量トラヒックの流通に資する世界最高レベルの基幹網の構築を可能にします。さらに、既設の100G伝送網をそのまま用い、伝送方式の変更によって400G化を実現するため、敷設のコストを低く抑えることが可能となる。

インターネットのバックボーンにおける通信容量の飛躍的な増大を支えるため、今後NTTコムでは、100G伝送網の400G対応の実用化に向けた品質向上などを積極的に推進していく。


※1 受信側に配置した光源と受信した光信号を干渉させるコヒーレント受信とデジタル信号処理を組み合わせた次世代光伝送方式。偏波多重や位相変調などの変調方式により周波数利用効率を向上させるとともに、大幅な受信感度向上を実現する。

※2 2016年5月現在。NTTコム調べ。

■リンク
NTTコム

TOPに戻る
最新ニュース一覧

関連記事
新刊情報
本書は、特に産業用の5G/IoTの利用について焦点を当て、MWC19 Barcelona での産業用IoTに関する最新動向や、国内外の最新動向の取材をもとに、5Gの市場動向やビジネスモデルをまとめた解...
5Gの技術・市場トレンド、ビジネスモデルをまとめた一冊! いよいよ5G時代の到来です。米国ベライゾン、韓国SK Telecom、LGU+、KTの3社、さらに米国AT&Tはすでに5G商用サ...
経営者/ビジネスリーダーは必読! 本書では、IoTセキュリティに関する最新の脅威トピックとして、第1章では社会インフラに関わる事例、第2章ではビジネスに影響する事例、そして第3章ではAI技術を利用し...