[ニュース]

話しかけるだけで「湯張り」や「床暖房」、リンナイがAmazon EchoとGoogle Homeに対応

2018/06/12
(火)
インプレスSmartGridニューズレター編集部

リンナイは同社が発売する給湯器や床暖房のリモコンがAmazon EchoとGoogle Home(スマートスピーカー)に対応すると発表した。

リンナイは2018年6月12日、同社が発売する給湯器や床暖房のリモコンがAmazon EchoとGoogle Home(スマートスピーカー)に対応すると発表した。10月から対応の予定。Amazon AlexaやGoogleアシスタントを搭載する他社製スマートスピーカーにも対応する。対応リモコンはすでに発売している「MBC-301VC(A)」と「MBC-302VC(A)」。7月に発売予定の「MBC-302V(A)シリーズ」も対応予定。どの機種も搭載している無線LAN対応通信機能でスマートスピーカーと通信し、ユーザーが声で発した命令を受けて給湯器や床暖房を操作する。

図 スマートスピーカーに対応するリモコンの例。写真はMBC-301VC(A)

図 スマートスピーカーに対応するリモコンの例。写真はMBC-301VC(A)

出所 リンナイ

対応リモコンとそのリモコンに対応する給湯器や床暖房を利用すると、ユーザーはスマートスピーカーに話しかけるだけで湯張り、追い焚き、床暖房の開始/停止を制御できる。リンナイがスマートスピーカーに対応するのは、今回が初めてになるという。

図 スマートスピーカーに話しかけるだけで給湯器と床暖房の動作を制御できる

図 スマートスピーカーに話しかけるだけで給湯器と床暖房の動作を制御できる

出所 リンナイ

スマートスピーカーを利用するには、ネットワークにつながったスピーカー本体のほか、リンナイが2017年10月から配布している「どこでもリンナイアプリ」をダウンロードしたスマートフォンが必要。使い始める前にスマホアプリで初期設定が必要だ。


■リンク
リンナイ

TOPに戻る

関連記事
新刊情報
本書は、ブロックチェーン技術の電力・エネルギー分野での応用に焦点を当て、その基本的な概念から、世界と日本の応用事例(実証も含む)、法規制や標準化、ビジネスモデルまで、他書では解説されていないアプリケー...
5Gの技術からビジネスまですべてがわかる 5Gは社会や産業に何をもたらすのか? といったビジネス関連のトピックから、その変革はどのようなテクノロジーに支えられているのか?といった技術的な内容まで、わ...
本書は、特に産業用の5G/IoTの利用について焦点を当て、MWC19 Barcelona での産業用IoTに関する最新動向や、国内外の最新動向の取材をもとに、5Gの市場動向やビジネスモデルをまとめた解...