[ニュース]

旭化成、「福島水素エネルギー研究フィールド」に世界最大規模の水電解システムを納入へ

2018/08/10
(金)
インプレスSmartGridニューズレター編集部

旭化成は、福島県浪江町で建設中の「福島水素エネルギー研究フィールド」に世界最大規模のアルカリ水電解システムを納入すると発表した。

旭化成とその子会社である旭化成エンジニアリングは2018年8月10日、福島県浪江町で建設中の「福島水素エネルギー研究フィールド」(参考記事)に世界最大規模のアルカリ水電解システムを納入すると発表した。福島水素エネルギー研究フィールドは、国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の委託を受けて、東芝エネルギーシステムズ、東北電力、岩谷産業が建設している水素エネルギー研究施設で、2019年竣工の予定。今回は、東芝エネルギーシステムズが旭化成と旭化成エンジニアリングにアルカリ水電解システムを発注した。

図 福島県浪江町に建設中の「福島水素エネルギー研究フィールド」の完成予想図

図 福島県浪江町に建設中の「福島水素エネルギー研究フィールド」の完成予想図

出所 東芝エネルギーシステムズ

福島水素エネルギー研究フィールドに納入するアルカリ水電解システムは、最大水電解電力が10MW(1万kW)で、水素製造能力は最大で1時間当たり2000Nm3。1基のシステムとしては世界最大の規模を誇るものになる。2019年秋に現地に設置し、試運転と調整を済ませたら2020年夏から本格運転を開始する予定。

旭化成は、食塩電解技術で世界有数のシェアを誇る企業。その技術を基に、NEDOから「水素利用等先導研究開発事業/低コスト水素製造システムの研究開発/アルカリ水電解水素製造システムの研究開発」事業の委託を受けてエネルギー利用効率が高く、出力変動に素早く応答する大型アルカリ水電解システムの開発に取り組んでいた。今回納入するシステムは、この研究の成果を形にしたものだ。

旭化成は、化石燃料の代替として再生可能エネルギーで製造した水素が近い将来の輸送や産業を支える存在と見ている。今回のシステム納入に続いて、CO2排出量が少ないエネルギーを利用する社会の実現を目指すとしている。


■リンク
旭化成

TOPに戻る

関連記事
新刊情報
 インターネットの商用化から四半世紀が過ぎ、第4次産業革命の時代を迎えています。第4次産業革命とは「産業のデジタル化」を意味し、現在、これを支える共通の情報通信基盤の構築が求められています。  ...
 2015年頃より、IoT(InternetofThings)や人工知能(AI)が注目され始め、これらの技術を使って家電や自動車などあらゆるモノがネットワークにつながり、効率的な社会を創造することが期...
 いよいよ日本でも、IoT時代に必須のLPWA(Low Power wide Area、省電力型広域無線網)サービスがスタートします。  第4次産業革命に向けて、エネルギー、ヘルスケア、製造業、...