[ニュース]

ソニー、独自開発のLPWA規格を「ELTRES」と命名ー東京都で先行して通信サービスを提供開始

2018/09/28
(金)
インプレスSmartGridニューズレター編集部

ソニーとソニーセミコンダクタソリューションズは、独自開発のLPWA無線通信技術を、欧州電気通信標準化機構(ETSI:European Telecommunications Standards Institute)が国際標準規格として公開したと発表した。

ソニーとソニーセミコンダクタソリューションズは2018年9月28日、独自開発のLPWA(Low Power Wide Area)無線通信技術を、欧州電気通信標準化機構(ETSI:European Telecommunications Standards Institute)が国際標準規格として公開したと発表した。さらに、この規格を「ELTRES(エルトレス)」と命名し、世界各地での普及を目指すことも明らかにした。ソニーとソニーセミコンダクタソリューションズは2017年4月に、通信に免許が要らない920MHz帯の電波を使用する独自のLPWA無線通信技術を開発したと発表し(参考記事)、実用化に向けて技術的要件の検討と実証実験を続けていた。

図 LPWA通信規格「ELTRES」のロゴ

図 LPWA通信規格「ELTRES」のロゴ

出所 ソニー

この発表に合わせてソニーネットワークコミュニケーションズは、ELTRESによる通信サービス「ELTRES IoTネットワークサービス」の先行提供を開始した。提供エリアは東京都で、利用料金は1000円(税別)。最長で3カ月間利用できる。見通しで100km以上離れた場所との通信や、時速100km以上の高速移動中の通信など、ELTRESの特徴を自身で検証したいユーザーに向けたサービスと言える。

先行サービスの利用者には、 GNSS(Global Navigation Satellite System:全球測位衛星システム)のセンサーを内蔵した専用送信端末を貸し出す。この端末は単3乾電池2本でおよそ6日間連続で使用できるという。

図 「ELTRES」先行サービス利用者に貸し出す専用送信端末

図 「ELTRES」先行サービス利用者に貸し出す専用送信端末

出所 ソニー

加えて、ELTRES IoTネットワークサービスを利用したビジネスを検討するパートナープログラムも開始した。プログラムは4種類。1つ目は、通信サービスで使用する機器や端末を製造する企業を対象にした「端末パートナー」。2つ目は、通信サービスを活用したシステムの開発、構築、運用を請け負う企業を対象とした「ソリューションパートナー」。3つ目は、通信サービスと連携できるアプリケーションやソフトウェア基盤を開発する企業を対象にした「アプリケーションパートナー」。4つ目は、システムやアプリケーションを販売する「チャネルパートナー」だ。

パートナープログラム参加企業に対しては、ソニーネットワークコミュニケーションズが最新技術や市場動向などの情報を提供し、宣伝活動に協力する。さらに、パートナー企業に、ほかのパートナー企業を紹介して共同事業を促進するなどの形でも支援するとしている。


■リンク
ソニー
ソニーネットワークコミュニケーションズ

TOPに戻る

関連記事
新刊情報
5Gの技術・市場トレンド、ビジネスモデルをまとめた一冊! いよいよ5G時代の到来です。米国ベライゾン、韓国SK Telecom、LGU+、KTの3社、さらに米国AT&Tはすでに5G商用サ...
経営者/ビジネスリーダーは必読! 本書では、IoTセキュリティに関する最新の脅威トピックとして、第1章では社会インフラに関わる事例、第2章ではビジネスに影響する事例、そして第3章ではAI技術を利用し...
低遅延/超高速/大量接続を実現する5Gの全貌を解説! 2018年6月に仕様が確定した5Gの最新技術(第1フェーズ)と標準動向についてまとめた解説書です。本書『5G教科書』は、第一線で活躍されている著...