政策 M (2021/09/06)

現在、環境省や経済産業省では、新たなカーボンプライシング〔炭素税や温室効果ガス(CO2)の排出...>>続きを読む

スマートグリッド M (2021/08/01)

「地球の気候危機・過熱化危機」の解決を目指し、最後のチャンスともいわれる「COP26」(注1)...>>続きを読む

再生可能エネルギー M (2021/07/01)

COP26(パリ協定)の実現に向けて、世界の2050年カーボンニュートラル(CO2排出量実質ゼ...>>続きを読む

再生可能エネルギー M (2021/06/04)

2021年5月26日、温室効果ガス(GHG:Greenhouse Gas)の排出量を、2050...>>続きを読む

エネルギー管理 M (2021/03/07)

日本政府は、2020年7月、「洋上風力の産業競争力強化に向けた官民協議会」を設立した。同協議会...>>続きを読む

蓄電/蓄エネ M (2021/01/10)

去る2020年12月8日、日本で唯一の蓄エネに特化した国際会議である「ESSJ 2020」(E...>>続きを読む

情報通信(ICT) M (2020/10/01)

IoTを駆使して、加速する次世代工場「スマートファクトリー」(インダストリー4.0)や最先端の...>>続きを読む

ニュービジネス F (2020/09/02)

5年間にわたる「電力システム改革」(2015年4月〜2020年4月)に続いて、次世代電力システ...>>続きを読む

政策 F (2020/08/06)

政府は、猛威をふるう新型コロナ禍の中、パリ協定の実現(脱炭素化)に向けて、非効率な石炭火力のフ...>>続きを読む

再生可能エネルギー F (2020/07/11)

電力システム改革の「発送電の法的分離」が2020年4月に完了し、再エネの主力電源化を中核に据え...>>続きを読む

再生可能エネルギー F (2020/06/05)

新型コロナウイルス(以下、新型コロナ。写真1)は、2019年12月、中国湖北省武漢で原因不明の...>>続きを読む

政策 F (2020/06/05)

日本では、2020年4月7日に発令された新型コロナウイルス(以下、新型コロナ)対策の緊急事態宣...>>続きを読む

スマートグリッド F (2020/05/09)

日本の電力市場は、再生可能エネルギー(以下、再エネ)の主力電源化を目指して、新しい動きが活発化...>>続きを読む

再生可能エネルギー F (2020/04/12)

公益財団法人 自然エネルギー財団は、国際シンポジウム「REvision2020:自然エネルギー...>>続きを読む

サイバーセキュリティ F (2020/04/12)

セキュリティの米国専門家であるIdaho National Laboratory(INL、アイ...>>続きを読む

再生可能エネルギー F (2020/01/06)

電力の自由化によって、電力のビジネスモデルは集中から分散へと大きく変化している。
...>>続きを読む

政策 F (2019/12/12)

2015年は、9月に「SDGs」、12月に「パリ協定」という、2つの国際的な合意が行われた年で...>>続きを読む

再生可能エネルギー F (2019/12/12)

一般社団法人 太陽光発電協会(JPEA)(注1)は、2019年11月6〜7日の2日間にわたって...>>続きを読む

再生可能エネルギー F (2019/10/08)

SDGsやパリ協定(注1)の実現と脱炭素社会の実現に向けて、日本の自治体が活発な動きを展開し始...>>続きを読む

再生可能エネルギー F (2019/05/01)

100年に1度ともいわれる自動車革命が進行し、いわゆるCASE〔ツナガル・自動運転・シェアリン...>>続きを読む

ページ