[ニュース]

大阪ガス子会社、和歌山県日高郡印南町に風力発電所を建設

2015/09/29
(火)
SmartGridニューズレター編集部

2015年9月29日、大阪ガス株式会社(以下:大阪ガス、大阪市中央区、代表取締役社長:本荘武宏)の100%子会社である株式会社ガスアンドパワー(以下:ガスアンドパワー、大阪市中央区、代表取締役社長:牧野 真)は、三井造船株式会社(以下:三井造船、東京都中央区、代表取締役社長:田中孝雄)の100%子会社である印南風力発電株式会社(以下:印南風力発電)が新たに発行する株式を取得し、株式持分95%の子会社としたことを発表した。

印南風力発電は、和歌山県日高郡印南町において、発電容量2万6,000kW(2,000kWの風力発電設備13基)の風力発電所の建設を2015年12月より開始し、2018年6月より運転を開始を予定する。

大阪ガスグループは、2020年代に国内外で600万kWの電源確保を目指すとともに、再生可能エネルギー事業を通じ、環境負荷の低減に取り組む。現在、ガスアンドパワーでは、既に国内で5カ所(高知県高岡郡津野町、和歌山県有田郡広川町、和歌山県日高郡由良町、山口県熊毛郡平生町、佐賀県唐津市)で風力発電所を運営している。

◆印南風力発電所の概要(ガスアンドパワーの株式取得後)

会社名 印南風力発電株式会社
所在地 大阪市中央区
代表者 代表取締役社長:牧野 真
設立 2015年2月2日
資本金 4億9,500万円
出資比率 株式会社ガスアンドパワー:95%、三井造船株式会社:5%
発電所所在地 和歌山県日高郡印南町ほか
発電容量 26,000kW(2,000kW×13基)
運転開始 2018年6月(予定)

 


■リンク
大阪ガス
ガスアンドパワー
三井造船

関連記事
新刊情報
 2015年頃より、IoT(InternetofThings)や人工知能(AI)が注目され始め、これらの技術を使って家電や自動車などあらゆるモノがネットワークにつながり、効率的な社会を創造することが期...
 いよいよ日本でも、IoT時代に必須のLPWA(Low Power wide Area、省電力型広域無線網)サービスがスタートします。  第4次産業革命に向けて、エネルギー、ヘルスケア、製造業、...
 NIST(米国国立標準技術研究所)が2009年11月に立ち上げた委員会「SGIP」(スマートグリッド相互運用性パネル)は、2013年にSGIP 2.0となり、新たな活動を展開している。  SG...