[ニュース]

NECとKS-SOL、「auでんき」向けに電力CIS「NISHIKI」を提供

2016/05/18
(水)
SmartGridニューズレター編集部

2016年5月18日、日本電気株式会社(以下:NEC、東京都港区、代表取締役執行役員社長兼CEO:新野 隆)と、関電システムソリューションズ株式会社(以下:KS-SOL、大阪市北区、代表取締役社長:山元 康裕)は電力小売事業者向けのビジネスで協業を開始し、KS-SOLの電力小売事業者向け顧客情報管理システム(以下:CIS)「NISHIKI」の販売代理店契約を締結したことを発表した。

両社は、2016年4月からの電力小売り全面自由化に参入したKDDI株式会社(以下:KDDI、東京都千代田区、代表取締役社長:田中 孝司)に「NISHIKI」を提供し、本年4月1日より「auでんき」のシステム運用が開始されたことを発表する。

今後、NECとKS-SOLでは、全国レベルでの共同マーケティングを加速させ、今年度以降に新電力参入される事業者・地方団体に対し、NECの全国規模の販売網と顧客チャネルや幅広い領域へのシステム導入実績を活かし、両社で積極的な営業展開を進めていく。


■リンク
NEC
KS-SOL

TOPに戻る
最新ニュース一覧

関連記事
新刊情報
 2015年頃より、IoT(InternetofThings)や人工知能(AI)が注目され始め、これらの技術を使って家電や自動車などあらゆるモノがネットワークにつながり、効率的な社会を創造することが期...
 いよいよ日本でも、IoT時代に必須のLPWA(Low Power wide Area、省電力型広域無線網)サービスがスタートします。  第4次産業革命に向けて、エネルギー、ヘルスケア、製造業、...
 NIST(米国国立標準技術研究所)が2009年11月に立ち上げた委員会「SGIP」(スマートグリッド相互運用性パネル)は、2013年にSGIP 2.0となり、新たな活動を展開している。  SG...