[ニュース]

四国電力、首都圏および関西圏の家庭向け料金プランを拡充

2016/05/31
(火)
SmartGridニューズレター編集部

2016年5月31日、四国電力株式会社(以下:四国電力、香川県高松市、取締役社長: 佐伯 勇人)は、2016年4月より、首都圏および関西圏で電気の販売を開始してしているが、両エリアを対象に家庭用の顧客向け料金プランを追加することを発表した。

同プランは、顧客のご要望を踏まえ、現在の「オリーブプラン」(毎月の使用量が300kWh以上の顧客に推奨プラン)に加えて、

  • 毎月のご使用量が200kWh以上の顧客に推奨する「ブループラン」
  • 毎月のご使用量が500kWh以上の顧客に推奨する「オレンジプラン」

の2種類の料金プランを新たにご用意した。

詳細は「リンク」を参照


■リンク
四国電力PDF

TOPに戻る
最新ニュース一覧

関連記事
新刊情報
攻撃者視点によるハッキング体験! 本書は、IoT機器の開発者や品質保証の担当者が、攻撃者の視点に立ってセキュリティ検証を実践するための手法を、事例とともに詳細に解説したものです。実際のサンプル機器に...
本書は、ブロックチェーン技術の電力・エネルギー分野での応用に焦点を当て、その基本的な概念から、世界と日本の応用事例(実証も含む)、法規制や標準化、ビジネスモデルまで、他書では解説されていないアプリケー...
5Gの技術からビジネスまですべてがわかる 5Gは社会や産業に何をもたらすのか? といったビジネス関連のトピックから、その変革はどのようなテクノロジーに支えられているのか?といった技術的な内容まで、わ...