[ニュース]

Audi、同社初のEV「Audi e-tron」を発表―2018年末からヨーロッパで納車開始

2018/09/19
(水)
インプレスSmartGridニューズレター編集部

Audiは、同社初のEV(電気自動車)「Audi e-tron」を発表した。

Audiは2018年9月18日(中央ヨーロッパ時間)、同社初のEV(電気自動車)「Audi e-tron」を発表した。同社は9月3日にベルギー・ブリュッセルの工場でこの車両の量産を開始しており(参考記事)、2018年末からヨーロッパで納車が始まる予定。ドイツでの販売価格は7万9900ユーロ(1046万6900円:1ユーロ=131円で換算)から。

図 Audi初のEV「Audi e-tron」

図 Audi初のEV「Audi e-tron」

出所 Audi

Audi e-tronは前後の車軸に1つずつモーターを搭載する4輪駆動のSUV(Sports Utility Vehicle)。最大出力は300kW(約408PS)で、最大トルクは664Nm。停車状態から時速100kmまで5.7秒で加速する。電子制御リミッターで最高速度は時速200kmに制限している。

地形や天候に応じて、2つの車軸にそれぞれ搭載したモーターのトルク配分を自動的に制御する機能を搭載している。この機能により、滑りやすい路面や高速コーナリング時のスリップを防ぐ。特に、雪上などの摩擦係数が低い路面で有効に働くという。通常時はほとんどの場合、後輪車軸のモーターで駆動し、さらにトルクが必要になると前輪車軸のモーターを動作させるという。

電源となる蓄電池は蓄電容量95kWhのリチウムイオン蓄電池。市販車としては初めて、直流150kWの電流を利用した急速充電に対応しており、30分程度で蓄電容量の80%近くまで充電できる。1回の充電で走行できる距離は、燃費試験法の世界標準であるWLTP(Worldwide harmonized Light vehicles Test Procedure)で400km以上。

航続距離を400km以上まで伸ばせた要因としては、大容量の内蔵蓄電池と、独自の回生ブレーキも挙げられる。一般的な回生ブレーキは運転手がブレーキペダルを踏んだときに動作するが、Audi e-tronの回生ブレーキは運転手がアクセルペダルから足を離して空走を始めたときも作動する。これにより、減速が必要な場面の90%以上で回生ブレーキが動作するという。時速100kmから制動する場合は、最大で300Nm、220kWの電力を回生ブレーキで発電できる。これは駆動に必要なエネルギーの70%以上に相当するとしている。

ドイツ向け車両は、LTE-Advancedの無線通信機能と、無線LAN(Wi-Fi)ホットスポットとしても利用できるカーナビゲーションシステムを標準で搭載する。カーナビゲーションシステムは交通情報を受信し、蓄電池の充電状態を見て、目的地到着までに必要な充電時間も合わせて到着時間を推定する。

また、北米とヨーロッパに向けた車両はAmazonの音声アシスタント「Amazon Alexa」を搭載し、音声でニュースや天気の情報を確認したり、Web通販で品物を注文できるようになる。さらに、自宅の玄関の鍵をかけたり、車庫のシャッターを開けるといったことも、音声による指示だけで可能になるという。


■リンク
Audi
アウディ ジャパン

TOPに戻る

関連記事
新刊情報
本書は、ブロックチェーン技術の電力・エネルギー分野での応用に焦点を当て、その基本的な概念から、世界と日本の応用事例(実証も含む)、法規制や標準化、ビジネスモデルまで、他書では解説されていないアプリケー...
5Gの技術からビジネスまですべてがわかる 5Gは社会や産業に何をもたらすのか? といったビジネス関連のトピックから、その変革はどのようなテクノロジーに支えられているのか?といった技術的な内容まで、わ...
本書は、特に産業用の5G/IoTの利用について焦点を当て、MWC19 Barcelona での産業用IoTに関する最新動向や、国内外の最新動向の取材をもとに、5Gの市場動向やビジネスモデルをまとめた解...