[ニュース]

日立システムズ、IoT・M2M環境を短期間・低コストで提供するクラウド型のプラットフォームサービスを販売

2016/07/25
(月)
SmartGridニューズレター編集部

2016年7月25日、株式会社日立システムズ(以下:日立システムズ、東京都品川区、代表取締役 取締役社長:北野 昌宏)は、M2M環境の導入を支援する「NETFORWARD M2Mサービス」のラインアップを拡充し、遠隔地に点在する装置からデータを収集・蓄積するとともに、装置の遠隔稼働監視や制御を行えるIoT・M2M環境を短期間・低コストで提供するクラウド型のプラットフォームサービスを販売開始することを発表した。

今回新たに開始するプラットフォームサービスは、PTC社の「ThingWorx」の機能をクラウド型で提供するサービスとなりで、管理対象装置が少ない場合でも初期費用をかけることなく、短期間で利用開始できる。また、利用開始後にビジネスが拡大して管理対象装置が増加した場合でも、迅速に拡張することが可能となる。
 図 サービス概要

日立システムズが提供している「NETFORWAD M2Mサービス」はこれまでIoT・M2M環境向けのネットワーク提供が中心のサービスであったが、今回のプラットフォームサービスの拡充によりIoT・M2M環境に必要な装置へのセンサー導入からデータの収集・管理、センサーやネットワークを含むシステムの監視・運用サービスまでをワンストップで提供することが可能となった。


■リンク
日立システムズ

TOPに戻る
最新ニュース一覧

関連記事
新刊情報
攻撃者視点によるハッキング体験! 本書は、IoT機器の開発者や品質保証の担当者が、攻撃者の視点に立ってセキュリティ検証を実践するための手法を、事例とともに詳細に解説したものです。実際のサンプル機器に...
本書は、ブロックチェーン技術の電力・エネルギー分野での応用に焦点を当て、その基本的な概念から、世界と日本の応用事例(実証も含む)、法規制や標準化、ビジネスモデルまで、他書では解説されていないアプリケー...
5Gの技術からビジネスまですべてがわかる 5Gは社会や産業に何をもたらすのか? といったビジネス関連のトピックから、その変革はどのようなテクノロジーに支えられているのか?といった技術的な内容まで、わ...