[ニュース]

東芝プラントシステム、HISが宮城県で計画中のバイオマス発電所の建設工事を受注

2018/09/07
(金)
インプレスSmartGridニューズレター編集部

東芝プラントシステムは、H.I.S. SUPER電力が宮城県角田市(かくだし)で計画している発電所「H.I.S.角田バイオマスパーク発電所」の建設工事を受注したと発表した。

東芝プラントシステムは2018年9月6日、H.I.S. SUPER電力が宮城県角田市(かくだし)で計画している発電所「H.I.S.角田バイオマスパーク発電所」の建設工事を受注したと発表した。この発電所は、大手旅行業者エイチ・アイ・エス(HIS)が2017年4月に計画を発表したもの(参考記事)。再生可能エネルギー事業を担当する子会社として設立していたH.I.S. SUPER電力が発電所の運営などを担当する。

図 H.I.S.角田バイオマスパーク発電所の完成予想図

図 H.I.S.角田バイオマスパーク発電所の完成予想図

出所 東芝プラントシステム

H.I.S.角田バイオマスパーク発電所には、出力9.789MW(9789kW)のディーゼルエンジン発電機を4台と、その排熱を利用して駆動する蒸気タービン(出力1.94MW:1940kW)を設置する予定。発電所の合計出力は約41.1MW(4万1100kW)となる。ディーゼルエンジン発電機の燃料にはパーム油を使う予定だ。

HISは年間発電量をおよそ350GWh(3億5000万kWh)と見込んでおり、発電した電力は再生可能エネルギーの固定価格買取制度を利用して全量を東北電力に売電する。売電単価は1kWhあたり24円(税別)。

東芝プラントシステムは、H.I.S.角田バイオマスパーク発電所の建設工事を2018年12月に開始する予定で、2020年3月竣工を目指すとしている。


■リンク
東芝プラントシステム

TOPに戻る

関連記事
新刊情報
本書は、ブロックチェーン技術の電力・エネルギー分野での応用に焦点を当て、その基本的な概念から、世界と日本の応用事例(実証も含む)、法規制や標準化、ビジネスモデルまで、他書では解説されていないアプリケー...
5Gの技術からビジネスまですべてがわかる 5Gは社会や産業に何をもたらすのか? といったビジネス関連のトピックから、その変革はどのようなテクノロジーに支えられているのか?といった技術的な内容まで、わ...
本書は、特に産業用の5G/IoTの利用について焦点を当て、MWC19 Barcelona での産業用IoTに関する最新動向や、国内外の最新動向の取材をもとに、5Gの市場動向やビジネスモデルをまとめた解...