[ニュース]

Volvo Trucks、同社初のEVトラックを顧客に納車ー2019年後半から2車種生産開始予定

2019/02/20
(水)
インプレスSmartGridニューズレター編集部

Volvo Trucksは、同社初の電気トラック(EVトラック)「Volvo FL Electric」をスウェーデン内の顧客に納車したと発表した。

Volvo Trucksは2019年2月20日(中央ヨーロッパ時間)、同社初の電気トラック(EVトラック)「Volvo FL Electric」をスウェーデン内の顧客に納車したと発表した。納車先はゴミ再生業者のRenova、ドイツの物流業者DB Schenkerのスウェーデン内の拠点、そしてDB Schenkerのパートナー企業であるスウェーデンTGMの3社。Renovaには荷台をゴミ回収車仕様にした車両を届けた。

図 Volvo Trucksが今回納車したEVトラック「Volvo FL Electric」

図 Volvo Trucksが今回納車したEVトラック「Volvo FL Electric」

出所 Volvo Trucks

今回納車した車両は、一部顧客との協力で本格的な生産開始前に生産したもの。本格的な生産開始前に、一部運転手にEVトラックを体験してもらうことを狙っているようだ。Volvo Trucksの社長であるRoger Alm氏は「運転手は駆動機構の反応の良さや、速く、なめらかな加速、そして騒音の少なさに感心しているようだ」と述べている。

Volvo Trucksは、Volvo FL Electricと、さらに大型のEVトラック「Volvo FE Electric」のヨーロッパ市場に向けた生産を台数限定で2019年後半から開始するとしている。Volvo FL Electricは比較的小型のトラックで、荷物を積載した状態の重量が最大16トン程度と想定して開発したもの。動力となるモーターは1つ搭載しており、最大出力は約174hp(130kW)。

Volvo FE Electricは、荷物を積載した状態の重量が最大27トン程度と想定して開発したもの。Volvo FL Electricに比べて過酷な用途を想定し、頑丈な設計にしてあるという。モーターは2つ搭載しており、最大出力は約496hp(370kW)。

電源となる蓄電池はどちらも最大300kWhまで搭載できる。この状態での航続距離はVolvo FL Electricが最長300kmで、Volvo FE Electricが最長200km。ただし、搭載する蓄電池の量は、顧客から用途や走行距離などを聞いて、必要な量を搭載して納車するという。

社長のAlm氏は、今後も電化した車両の開発を続ける意向を示している。


■リンク
Volvo Trucks

TOPに戻る

関連記事
新刊情報
5Gの技術・市場トレンド、ビジネスモデルをまとめた一冊! いよいよ5G時代の到来です。米国ベライゾン、韓国SK Telecom、LGU+、KTの3社、さらに米国AT&Tはすでに5G商用サ...
経営者/ビジネスリーダーは必読! 本書では、IoTセキュリティに関する最新の脅威トピックとして、第1章では社会インフラに関わる事例、第2章ではビジネスに影響する事例、そして第3章ではAI技術を利用し...
低遅延/超高速/大量接続を実現する5Gの全貌を解説! 2018年6月に仕様が確定した5Gの最新技術(第1フェーズ)と標準動向についてまとめた解説書です。本書『5G教科書』は、第一線で活躍されている著...