[ニュース]

オリックス、電力小売サービスの対象エリアを拡大し東北電力の送電エリア内でサービス開始

2015/03/30
(月)
SmartGridニューズレター編集部

2015年3月30日、オリックス株式会社(以下:オリックス、東京都港区、社長:井上 亮)は、4月1日より、電力小売サービスの対象エリアを拡大し、東北電力の送電エリア内(青森県、岩手県、秋田県、宮城県、山形県、福島県、新潟県)で営業を開始することを発表した。

オリックスは、新電力(特定規模電気事業者※1)として、2009年より電力小売事業を開始し、主に店舗やオフィスビルなどの高圧業務用の事業所を対象に割安な電力を供給している。2009年より東京電力、関西電力、2010年より中国電力、2014年より中部電力管内と、順次サービス提供エリアを拡大している。

また、オリックスと電気需給契約を締結している利用者には、無償で利用できる「お客さまホームページ」を開設しており、ウェブサイト上で月々の電力使用量や電気料金、30分ごとの電力使用実績などが確認できるほか、各データのダウンロードサービスを展開している。


※1:契約電力が50kW以上の需要家に対して、電力会社などの一般電気事業者が持つ送電線を通じて電力供給を行う事業者。

■リンク
オリックス

関連記事
新刊情報
攻撃者視点によるハッキング体験! 本書は、IoT機器の開発者や品質保証の担当者が、攻撃者の視点に立ってセキュリティ検証を実践するための手法を、事例とともに詳細に解説したものです。実際のサンプル機器に...
本書は、ブロックチェーン技術の電力・エネルギー分野での応用に焦点を当て、その基本的な概念から、世界と日本の応用事例(実証も含む)、法規制や標準化、ビジネスモデルまで、他書では解説されていないアプリケー...
5Gの技術からビジネスまですべてがわかる 5Gは社会や産業に何をもたらすのか? といったビジネス関連のトピックから、その変革はどのようなテクノロジーに支えられているのか?といった技術的な内容まで、わ...