[ニュース]

東北電力、新たな太陽光発電出力予測システムを三菱電機と開発し運用開始

2016/04/20
(水)
SmartGridニューズレター編集部

2016年4月20日、東北電力株式会社(以下:東北電力、仙台市青葉区、取締役社長:原田 宏哉)は、太陽光発電出力の予測精度の向上を図った、「太陽光発電予測システム」を三菱電機株式会社(以下:三菱電機、東京都千代田、執行役社長:柵山 正樹)と共同で開発し、2016年4月より運用を開始することを発表した。

東北電力における従来の予測手法では、各県1個所(気象台地点)の日射量予測を基に太陽光発電出力を予測していたが、新たなシステムでは、気象庁提供の5kmないし20kmメッシュの気象予報データを基に日射量を予測し、太陽光発電出力を予測する。
さらに、最新の気象データを反映できるよう予測頻度を高めるとともに、過去の太陽光発電実績から日射量と太陽光出力の関係を分析し、予測値に補正を加えること等により、予測精度の向上を図る。また、今後、蓄積したデータを予測に活用することとしており、運用を積み重ねていくことで、さらなる予測精度の向上が期待される。


■リンク
東北電力
三菱電機

TOPに戻る
最新ニュース一覧

関連記事
新刊情報
攻撃者視点によるハッキング体験! 本書は、IoT機器の開発者や品質保証の担当者が、攻撃者の視点に立ってセキュリティ検証を実践するための手法を、事例とともに詳細に解説したものです。実際のサンプル機器に...
本書は、ブロックチェーン技術の電力・エネルギー分野での応用に焦点を当て、その基本的な概念から、世界と日本の応用事例(実証も含む)、法規制や標準化、ビジネスモデルまで、他書では解説されていないアプリケー...
5Gの技術からビジネスまですべてがわかる 5Gは社会や産業に何をもたらすのか? といったビジネス関連のトピックから、その変革はどのようなテクノロジーに支えられているのか?といった技術的な内容まで、わ...