[ニュース]

テュフ ラインランド ジャパン、商用分散型太陽光発電システムの認証プログラムを開始

2016/08/04
(木)
SmartGridニューズレター編集部

2016年8月4日、テュフ ラインランド ジャパン株式会社(以下:テュフラインランドジャパン、神奈川県横浜市、代表取締役社長:ホルガー・クンツ)は、日本の商用分散型太陽光発電システムを建設する関係者向けに、太陽光発電システムの新しい認証プログラムを開始したことを発表した。

同プログラムは、発電システムの品質、安全、性能の確保および向上を目的としたもので、従来のシステムの検査、認証に加え、企業の品質管理体制やトレーニング体系など、企業の適格性も評価項目に加えた複合的な認証サービスとなる。
また、体系的な技術的リスク低減・評価法を採用しており、すべての投資家が、中規模商用太陽光発電市場に低コストで参加することを可能にする。オーナー、EPC、施工会社他、太陽光発電に関わる幅広い層に利用でき、固定価格買取制度に基づかない市場にとって、現実的な技術的デューディリジェンスの一つとなる。

認証プログラムでは、リファイナンス時に認証を新しいオーナーへ移転することも可能であることから、太陽光発電所の資産価値が向上し、売却および転売時に、幅広い商機を見出すことができる。


■リンク
テュフラインランドジャパン

TOPに戻る
最新ニュース一覧

関連記事
新刊情報
攻撃者視点によるハッキング体験! 本書は、IoT機器の開発者や品質保証の担当者が、攻撃者の視点に立ってセキュリティ検証を実践するための手法を、事例とともに詳細に解説したものです。実際のサンプル機器に...
本書は、ブロックチェーン技術の電力・エネルギー分野での応用に焦点を当て、その基本的な概念から、世界と日本の応用事例(実証も含む)、法規制や標準化、ビジネスモデルまで、他書では解説されていないアプリケー...
5Gの技術からビジネスまですべてがわかる 5Gは社会や産業に何をもたらすのか? といったビジネス関連のトピックから、その変革はどのようなテクノロジーに支えられているのか?といった技術的な内容まで、わ...