[視点]

電力広域機関「OCCTO」(オクト)が設立、送配電網の整備へ

— 電力システム改革第1弾! —
2015/05/01
(金)
SmartGridニューズレター編集部

広域機関の会員構成と事業者区分別

 前述したように、平成27(2015)年4月1日時点で、広域機関は586社にのぼる会員数となっているが、これを事業者区分別に見ると、表2のようになっている。今後、これらの電気事業者が、電力の小売全面自由化に向けて順次サービスを展開していくことになるが、その中で広域機関(OCCTO)役割が非常に重要になってくる。

表2 広域機関の会員構成(総会員数586社:2015年4月1日時点)

表2 広域機関の会員構成(総会員数586社:2015年4月1日時点)

〔出所 http://www.enecho.meti.go.jp/category/electricity_and_gas/electric/summary/http://www.occto.or.jp/koiki/soshiki/kaiin_meibo.htmlなどをもとに作成〕

 すでに、電力の自由化において先進的な欧米では、ISO(Independent System Operator、独立系統運用者)やENTSO-E(エントソイー。European Network of Transmission System Operators for Electricity、欧州送電系統運用者ネットワーク)などの系統運用機関が実績を積んでいるが、日本の広域機関「OCCTO」が今後どのように発展し、日本の電力システム改革の基盤となるか、大きな期待が寄せられている。

ページ

関連記事
新刊情報
 2015年頃より、IoT(InternetofThings)や人工知能(AI)が注目され始め、これらの技術を使って家電や自動車などあらゆるモノがネットワークにつながり、効率的な社会を創造することが期...
 いよいよ日本でも、IoT時代に必須のLPWA(Low Power wide Area、省電力型広域無線網)サービスがスタートします。  第4次産業革命に向けて、エネルギー、ヘルスケア、製造業、...
 NIST(米国国立標準技術研究所)が2009年11月に立ち上げた委員会「SGIP」(スマートグリッド相互運用性パネル)は、2013年にSGIP 2.0となり、新たな活動を展開している。  SG...