[ニュース]

トヨタ自動車、豊田市の工場に水素ステーションを新設し燃料電池フォークリフトを追加配備

2018/03/16
(金)
インプレスSmartGridニューズレター編集部

トヨタ自動車は、同社の元町工場に水素ステーションを新設し、燃料電池フォークリフトを20台を追加導入したと発表した。

トヨタ自動車は2018年3月16日、同社の元町工場(愛知県豊田市)に水素ステーションを新設し、燃料電池フォークリフトを20台を追加導入したと発表した。同社は2017年1月に元町工場に2台の燃料電池フォークリフトを導入しているが、これまでは豊田自動織機の高浜工場(愛知県高浜市)までフォークリフトを運んで水素を補給していた(参考記事

図 トヨタ自動車が元町工場に開設した水素ステーション

図 トヨタ自動車が元町工場に開設した水素ステーション

出所 トヨタ自動車

今回設置した水素ステーションは1基。注入圧力は最大35MPaで、燃料電池フォークリフト専用として運用する。燃料として一般的に流通しているガスを改質して、水素を作り出す方式を採用した。水素の素となるガスは、ガス業者から調達する。

追加導入したフォークリフトは、すでに運用しているものと同じ豊田自動織機の製品。最大2.5トンの荷物を運べ、燃料となる水素の充填は3分ほどで終了する。交流100Vのコンセントを搭載しており、作業員が電動工具で作業する際に電源として活用できる。もちろん、非常用電源としても利用できる。

図 追加導入した燃料電池フォークリフトと同じもの

図 追加導入した燃料電池フォークリフトと同じもの

出所 トヨタ自動車

トヨタ自動車は、工場で発生するCO2を減らす活動に取り組んでおり、2020年ごろをめどに、元町工場で運用する燃料電池フォークリフトを170~180台まで増やす計画だ。計画通りに導入が進めば、水素ステーションの増設も検討するとしている。さらに、同社のほかの工場にも燃料電池フォークリフトを導入する方針を示している。


■リンク
トヨタ自動車

TOPに戻る

関連記事
新刊情報
低遅延/超高速/大量接続を実現する5Gの全貌を解説! 2018年6月に仕様が確定した5Gの最新技術(第1フェーズ)と標準動向についてまとめた解説書です。本書『5G教科書』は、第一線で活躍されている著...
 インターネットの商用化から四半世紀が過ぎ、第4次産業革命の時代を迎えています。第4次産業革命とは「産業のデジタル化」を意味し、現在、これを支える共通の情報通信基盤の構築が求められています。  ...
 2015年頃より、IoT(InternetofThings)や人工知能(AI)が注目され始め、これらの技術を使って家電や自動車などあらゆるモノがネットワークにつながり、効率的な社会を創造することが期...